AIで怖いのは、仕事がなくなることではない

AIのシンギュラリティが叫ばれて、久しくなります。

シンギュラリティとは簡単に言ってしまえば、AIが人間を超えるときのことです。

 

でもわたしは最近ものすごく感じることがあります。

それは、AIがそんなに日本人を不幸にするのだろうか?ということです。

いかにも、大変なことが起こるみたいに言う人がいますが、今までだってそれなりに時代は変化してきたわけです。

そして仕事に関して言えば、どの時代でも『仕事が奪われる』と大騒ぎをして、いつの間にかいなくなってしまった人がたくさんいることを思い出す必要があります。

 

AIが仕事を奪う根拠があるのか?

今、AIが人間を超えるときがすぐ近くに迫っていると、大騒ぎしている人がたくさんいます。

じゃあ、具体的に何が起こるのかという話になると、一向にはっきりしません。

非常に抽象的なのです。

 

また、AIというと仕事がうばわれる!という感じの情報がたくさんあり、それが気になる人も多いでしょう。

でも、無くなる仕事と言われているものだって、予想であり論理的な説明がないものがたくさんあります。

 

そんな中、AIに関しては日経の関係の記事を少し読みました。

正直言うと、専門家でもこの程度しか分からないのか?というもの。

本当にこれからの分野なんだということを感じました。

 

まあ本当の専門家は、世間をあおるような発言はしないのが普通です。

 

ヒステリックに批判を繰り返す人は、基本的に気をつける必要があるということだと思います

 

AIで仕事はどうなる

では、本当はAIの何が怖いのか?とちょっと自分なりに考えてみました。

 

AIに関する問題でマスコミやインターネットで取り上げられているのが、『仕事が無くなる』ということです。

そのために、多くの人がAIがどういうものなのか?よく分からないのに、自分の仕事は本当に大丈夫なのか?と不安になっている状態です。

 

だから、ほとんどの人はただただ大変だ!というだけの思考停止状態になっています。

正体不明のAIに自分の人生をめちゃくちゃにされるかもしれない妄想が暴走してるよな感じですね

 

仕事だけて考えれば、産業革命に始まり、ロボットによる製造ラインの自動化、パソコンによる事務仕事の効率化などが今までありました。

そのたびに、多くの人が、仕事がなくなると大騒ぎしてきました。

 

でも、ほとんどの人は新しくできた仕事に移り、問題なく働いてきました。

ただ、一部の自分の考えに固執して、時代の流れに逆らおうとした人は、かなり苦労したわけです。

 

時代が変わっても、働き方を変えなかった人たちです。

 

よくよく考えてみれば、ここ20年ほどだけでも、新たにできた仕事、世の中から消えていった仕事というものがたくさんあります。

そして今のあなたがしている仕事も、ほんの少し前は存在しなかったものかもしれません。

というか、現在、多くの人が従事している仕事は、時代の流れの中で新しく生まれてきたものです。

 

職人と言われる世界だって、時代の流れに合わせて、新しいものを創造していかなくては衰退していくだけです。

まずは、どんな時でも、なくなる仕事、新しくできる仕事があることを、しっかりと認識する必要があると思います。

 

ずっと変わらずあり続ける仕事の方が少ないのです。

 

だから、今の仕事が無くなったとしても、新しい仕事で頑張ればいい。

その覚悟を決めればいいのです。

 

AIの本当の怖さ

でも、わたしはそれ以上の問題に多くの人が直面することになると考えています。

それはAIによってもたらされる、世の中の流れの速さに付いていけない、ということです。

 

数十年前まで、スマホが登場するまではどんな感じだったのか考えてみましょう。

その当時は、今よりも世の中が流れがゆっくりで、多くの人は時代の変化を感じることができました。

そのため、世の中の変化が起こってから自分を合わせていけば、問題なく暮らすことができたのです。

 

特に、これからの世の中がどのようになっていくのか?なんて考える必要もありませんでした。

時代の流れに逆らわなくければ、それなりに幸せに暮らしていけたということです。

 

しかし、今は世の中の流れが、数十年前とは比べ物にならないほど速くなっています。

そのため、多くの人が、フッと気がついたときには、世の中は変わってしまっているということが起こります

 

インターネットの世界もその一つです。

 

気がついてから、世の中を追いかけていたのでは、追いつくことができない可能性がものすごく高いのです。

この、世の中の流れに付いていけなことが、いちばんの問題です。

 

気がついたら、世の中の価値観が全く違うものになっていたら・・・・。

ずっと自分の価値観が普通だと思って暮らしていたのに・・・・。

 

下手をしたらその時点で、あなたは価値のない人と判断されてしまうかもしれません。

仕事が無いことよりも、衝撃だと思いませんか?

 

仕事が無いだけなら探せばいいのです。

でも、価値がない人とされたら、行くところがありません。

あなたの考え方は、『今の時代は通用しません』と言われたらと思うとゾッとします。

 

AIで思考停止になっていると

わたしはAIのシンギュラリティ(特異点)がそれほど世の中にインパクトを与えないと考えています。

ノストラダムスの大予言(古くてスミマセン)と同じような状況になるのでは、ないかと思っていますし。

 

もちろんどんな時代でも、消えていく職業があり、新たに発生する職業はあるでしょう。

 

でも、AIの進歩に伴って、ものすごいスピードで世の中が変わっていくのはたしかです。

今も、ものすごい速さで世の中が変化しています。

 

ネットビジネスをやっていると、それを肌で感じることができます。

AGFAと、呼ばれる企業の動きはものすごく速いのです。

 

世の中に関心を示すことなく日々を過ごしている人は、どうなるのか?

世の中の価値観がまったく分からない人になってしまうことは確実です。

 

今の世の中で【浦島太郎】の状態になってしまったら、確実に負け組となってしまうのです。

 

わたしは、特別にAIの勉強をしろと言いたいわけではありません。

 

でも、AIは確実にわたしたちの生活の中に入り込んできます。

少なくとも、今のインターネットの広告表示などはAIの働きによるですし。

 

だからAIという言葉で思考停止になるのではなく、興味関心を持って過ごしてほしいのです。

それだけで、無関心の人に対して圧倒的な差をつけることができるのです。

 

こんな世の中だからこそ、いろいろとチャンスだと思います。

多くの人が思考停止で動けなくなっている間に、自分は淡々と進めばいいからです。

 

多くの人が動けなくなっているということは、ただ動いているだけで他の人よりも有利になるのです。

 

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください