常識は疑うには、まずは人それぞれ違うということを認識する

よく常識を疑えと言われます。でも普通はそれがなかなかできない人が多いと思います。

なぜなら、あなたの常識があなたの経験と深く結びついているからです。

しかも、普通に生活をしていると常識を大きく変える出来事というのはそんなに簡単に起きません。

家族、会社、地域などは変化を嫌うため、常識が変化することはほとんどないため、自ら何かしらの行動を起こさない限りは、自分の常識すら気が付かないのです。

 

では、上手に常識を疑うにはどうしたらいいのでしょうか。

 

人は常識があるから社会性をたもてる

ビジネスや自己啓発の本やブログではよく「常識を疑え」という言葉が出てきます。

これは新しいアイディアを出したり、仕事のやり方や人生を大きく変えるために言われることです。

 

でも、決して今の常識が悪いわけではありません。

人は常識が持っているからいろいろな人とつながっていることができるし、社会をたもつことができています

 

これは、どんな世界でもそうです。ネットビジネスにも常識はあります。

会社の常識がいい悪いは別として、常識というものがあるからスムーズに仕事が進んでいるのです。

 

常識とはどのように作られるのか?

では、あなたやわたしの常識はどのように作られているのでしょうか。

あなたも感じていると思いますが、ほとんどの常識の根底にあるのは家庭になります。年齢を重ねて40歳を過ぎたあたりからそのことをものすごく感じます。

 

あなたが生まれてからずっと育ってきて、高校生くらいまでで基本となる常識ができ上がると言われています。

そのため意識している、いないかはありますが、子供の時に親から受け取った常識が人生に大きな影響を与えます

 

大人になってからは、大きな出来事(大きな病気や事故など)を経験すると常識が大きく変わる場合がありますが、普通に会社員として過ごしていたら、ほとんど変化しないと考えてもいいかもしれません。

もちろん全く変わらないというわけではありません。

環境が変われば、その環境での常識があるので多少は変わりますが、あなたの根底を構成する常識はちょっとしたことでは変わらないのです

 

なぜ常識を疑えと言われるのか

成功したければ「常識を疑え」とよく言われます。そしてこれは的を得ています。

会社員の常識では、ビジネスで成功できないことは本当だからです。

 

わたしのネットビジネスのメンターは、自分のコミュニティーについて

「非常識なコミュニティーだから、普通の人に理解されないのは当たり前」

といいます。

 

確かに会社員として安定を求めている人にやネットビジネスを知らない人には理解されないだろうなといつも思います。

なぜなら行動、考え方、必要なスキルなど何から何まで違うからです

一応、ネットビジネスを応援してくれている、嫁さんでも理解できない部分があるようです。

 

ネットビジネスの世界に飛び込んだ時に会社員の常識を持ち込んだら成功しないのは明らかです。

でもそれが分からない人がいて、自分の常識から抜け出せずネットビジネスをやめていく人が多いのです

 

全く違う世界で成功したければ、自分自身の常識を変えなくてはいけないのは当たり前の事なのです

 

ひとりひとり常識が違うことを知る

常識を疑うことができるようになるには、まず10人いれば10人とも常識が違うことを知る必要があります。

ある程度、自己啓発やビジネスの本を読んだ人なら「当たり前じゃん」と思うかもしれません。

でも、頭で知識として知っているのと、実際に経験して分かっているのでは違います

 

わたしも、以前は当たり前だと頭では分かっていましたが、現実に対して自分の常識を全て当てはめて「常識がないやつばっかり」と怒っていました。

実際には何もわかっていなかったことになります。

 

また自己啓発にハマった人の中には、自分が手に入れた知識が常識だと思い、世の中の人の常識が変わらないことにいら立ちを感じる人もいます。

結局、みんな違う常識で暮らしていることをしっかり分かっていないのです

 

何も言うなというわけではありません。

このブログでよく感情の話をしますが、感情と同様に他人の常識を受け入れるということが必要になるのです。

特に自分の常識と感情は密接に関わっているので、感情が動いたときに「自分はどんな常識でこの感情になったのか?」というのをしっかりと客観視するのです。

自分の常識をしっかりと客観視できるようになれば、自然と他人がどのような常識で行動をしているのかだんだんわかってくるし、感情が大きく揺さぶられることが無くなってきます。

 

常識を疑うのはいいが、常識を捨て去るのは止めよう

いろいろなブログを読んでいると、今の常識を捨て去らないと成功できないみたいな感じの人がいます。

それは一つの手であるのですが、全員が今持っている常識を捨て去って新しい世界に飛び込んでいけるわけではありません

 

普通に家にいれば家族の常識に、会社に行けば会社の常識に引っ張られます

いきなりすべてを投げ打って、進んでいくことができる人はわずかだし、多くの人は急変を望んでいないと思います。

それに、非常識と思われるネットビジネスの世界でもコミュニティーに参加してみると、人付き合いなど極めて常識的ですし、常識がない人は嫌われます

 

日本に住んでいる限りは、ある程度日本社会に合った常識を持ち合わせている必要があるのです。

どんなに稼ぐことができる人でも、一般的に言われる常識がない人は最終的には成功者にはなりません。

だから、常識を疑うのは大いに結構ですが、捨ててはいけないのです

 

たくさんの常識を上手に使う

いろいろな常識というものを自分の中にたくさん持っていて、その時々に応じてどの常識を使用するか自分で選択していくのがベストだとわたしは考えています。

 

もちろん、ある程度の影響力を持つまでになった人はブランディングということも考えて、独自の常識を前面に出す人がいます。

でも、最初のうちは環境に合わせて常識を受け入れていくのが一番賢いやり方です。反発しても良いことはありません。

 

色々な人の常識を受け入れていき、場面に合わせていろいろな常識を出し入れできるようになれば、結構楽に人生を送ることができます

ただ、会社でこれを極端にやるとゴマすりみたいになって周りから嫌われる可能性があるので気をつけましょう。

 

ちなみに、わたしは上司の常識にほんの少しだけ合わせるということをしています。他の人から見たらあまり分からないかもしれないくらいです。

以前は上司との関係がかなりストレスだったのですが、感情のコントロールの効果もあってかなりストレスが減りました。

ただ、先日上司の常識からずれることをしてしまって、少し雰囲気が悪くなってしまいましたが(笑)

 

今回書いたことは、実際にやらなければ意味がありません

感情に関しては、ノートにつけましょうと以前の記事で書きましたが、同じように常識も気が付いたら書き出していきましょう

意外な発見があっておもしろいですよ。

 

⇒おすすめ記事一覧

⇒ブログ記事一覧はこちらから

 

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください