人生の岐路とは、40代はどう考える?

わたしは、40代に入ってから、
様々なことが立て続けにありました。

 

腎臓移植

ネットビジネスとの出会い

会社に対する不信感の増大

そして、退職

 

 

 

「もし」はないのですが、
もしわたしが病気でなかったら、

その上で同じような人生を
歩んでいたらどうしただろうか?

と考えることもあるし、
嫁さんと話しをするときがあります。

 

 

そもそも、ネットビジネスをやっていただろうか?

 

今も、会社の愚痴をいいながら、
夜遅くまで働いていたかもしれません。

 

 

 

40代の会社員の多くは、
基本的に会社をやめることはしません。

 

でも、できるならやめたいと
思っていることは確かです。

 

 

 

わたしが、会社をやめるとき、
同期のほとんどが「よく決心したね」
と言っていました。

 

その言葉からも、みんな『夢』として
会社をやめるということは、
考えているようです。

 

 

でも『夢』でしかないのです。

 

『夢』でしかないので、
本気で人生を変えたいとは
思っていません

 

 

そして、今のままでも十分幸せかなって、
勝手に自分で納得しています。

 

それでは、わたしは
本当の意味での【人生の岐路】は
来ない
んじゃないかなって考えます。

 

 

 

よく、40代、50代は

『人生の岐路に立つ年代』

本やインターネットで
特集が組まれたりしています。

 

 

でもそれって、わたしは
交通事故みたいなもの
だと思います。

 

どんなに気をつけていても、
人生で事故に合うことはあります。

 

 

 

ただ、40代の【人生の岐路】が
問題として扱われるのは、

『多くの人が超受け身の状態』

で人生の選択を会社から迫られるからです。

 

 

ちょっと言い方は
良くないと思いますが、

「何も考えないで歩いていたから、
トラックとぶつかちゃった」

みたいな。

 

 

 

でも、これって
【人生の岐路】
と言えるんでしょうか?

 

 

単に、会社に
理不尽なことを言われて
困っているだけですよね?

 

 

自分に、選択権がないものは
【人生の岐路】
とは言えないですよね?

 

 

じゃあ、【人生の岐路】ってなんなのか?

 

 

常に自分の未来を考えている人が、
何かをキッカケに、

『今の人生を続けるのか?』

それとも、

『新しい人生を送るのか?』

選択することだと思います。

 

 

 

だから、会社でのポジジョンが
安泰だと思っていた人が
会社から転勤を命じられて、
それが嫌で会社をやめたのは
【人生の岐路】
とは言わないのです。

 

それは、考えることから
逃げただけです。

 

 

 

  • どう在りたいのか?
  • どんな人生を送りたいのか?
  • 人生でいちばん大切なものは?
  • 仕事は人生で何番目に大切なのか?

 

これを、常に考えていた人が、
転勤を命じられたのを機会に、
会社をやめて新しい人生を歩む、
【人生の岐路】だと言えます。

 

その後の人生が、
幸せかどうかは別にして、
選択肢の中から自分が選んだ
という事実が大切なのです。

 

 

 

でも多くの会社員は
会社以外の人生を考えていないから、
いざ会社から無茶を言われたときに、
どうすることもできなくなってしまいます。

 

しかも、家族からも
冷たくされてしまったりする。

 

 

自分自身のことなのに、
周りに振り回されて、
人生が狂ってしまう。

 

 

 

ちょっと話が脱線しますが、
働き方改革って、
自分の人生を
真剣に考えてない人には
メリットが少ないと、
わたしは考えています。

 

 

ほとんどの人が、
残業時間の短縮とか、
多様な働き方とか、
仕事のことしか言いません。

 

 

でも、働く時間が
短くなったら
何をするんですか?

 

多様な働き方って言うけれど、
今の仕事以外に何をやるんですか?

 

そこが大切なのに、
時間とお金のことしか
話題にならないのは、
ちょっとおかしいのです。

 

 

 

話を戻します。

 

本当に【人生の岐路】といわれる場面で
自分で判断できるようにするには、
しっかりと自分の人生を知ること
です。

 

そして、今の自分持っているものを把握する。

 

 

また、会社でやってきたことの多くは
その会社を出たら役にたちません。

 

そのことも考えておく必要があります。

 

 

 

とにかく、40代の人は、
一度、会社に頼らない人生設計を
組み立ててみてはどうでしょう?

 

 

そのうえで、会社で働けばいいのです。

 

 

そうすると、会社との距離感も変わるので、
気持ち的に働きやすくなりますよ。

 

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください