ビジネス思考ができる人は会社でも有利になる【書籍も紹介】

わたしたちの働き方が
急激に変わりつつあります

 

 

前の記事で今の有効求人倍率は
人手不足もあって高めだけど、
一般事務の就職口はないと書きました。

 

それは、一般事務の仕事のほとんどが、
パソコンでできるようになったからです。

 

 

要するに一般事務という仕事は、
パソコンという技術の発達によって、
ほぼ無くなったわけです。

 

 

それと同じことが他の業種でも
起ころうとしています。

 

 

なぜなら今はものすごく人手不足の状態。

 

そのため賃金は上がり続け、しかも、
原材料も高騰も重なっています。

 

 

そんな事情もあって、どんな業種も
いかに少ない人数で仕事ができるように
するかということに力を注いでいます

 

そして、そのためにいろいろなものが
開発されています。

 

 

 

何かとAIだけが職を奪うと問題視されますが、
それだけではないのです。

 

 

例えば、ドローン。

 

今は人手不足解消にと期待されていますが、
システムができあがれば、会社で必要となる
人はかなり少なくなるでしょう。

 

 

その他にも、ニュースで人材不足の解消
になると紹介されているものは、
その仕事をしている人が、将来
いらなくなる可能性があるということ。

 

 

会社は人を雇うよりシステムを導入
したほうがコストが安いので大喜びです。

 

 

 

今、色々な分野で人手不足が叫ばれているので、
一気にシステム化が進むとでしょう。

 

それに加えて、外国人労働者の話も議論されてます。

 

 

そうすると、最終的に必要とされる人って
ごく限られてくる
のは明らかです。

 

例えば、導入した機械を誰よりも上手に
使いこなせる人は優遇されるかもしれません。

 

そのほかに特殊な技術を持っている人。

 

介護は機械化が進んで働きやすくなるけど、
自分の世話を機械にしてもらうことに
抵抗がある人が多い間は
大丈夫かもしれません。

 

 

 

ただ、世の中はどんどん新しい仕事が
発生するので、働く場所がまったく
無くなることはないと思っています。

 

だから悲観的な情報ばかり流す人には
気をつけたほうがいいでしょう。

情報を流す人は不安を煽ることによって
何かしらのメリットを享受しているので。

 

 

 

でも、今までと同じような感覚では
働けなくなることは間違いないと思います。

 

どうしてかというと、働き口はあっても、
2極化が進む可能性があるからです。

 

 

特に、今受動的に働らいている人は
かなり苦しくなると思います。

 

要するに、『The・仕事』っていう
働き方をしている人です。

 

 

 

もう会社は、受動的な働き方を
する人を望んでいないのです。

 

このことは、かなり前から言われていますが
今後、流れが加速するということです。

 

 

 

ただ、今は過渡期ということもあって、
会社員は身の振り方が難しいのはあります。

 

どうしてかというと、受動的な働き方
を求めているのに、受動的な働き方をする人は
いらないという矛盾した状況だから。

 

だから、会社の望むように働いていても、
出しゃばっても自分の居場所が無くなる
可能性があります。

 

 

 

じゃあそんな中で、どうしたら有利に
生き延びることができるのか?

 

 

 

一番いい方法は、
自分を売り物と考えて、
会社内ビジネスをすることです。

 

自分をどうやって、必要な人間と
認識してもらうのかを考えて、
会社に売り込むのです。

 

 

わたしがいなくなると
大変になりますよって。

 

もちろん、ビジネスで、
あからさまな売り込みは嫌われるように、
職場で出しゃばるのは嫌われます。

 

あくまでも、会社としては、
受動的な社員の方が管理しやすいので。

 

 

そのため、一番効果的に自分を
売り込む方法を考える必要があるのです。

 

 

 

わたしは、会社では2足のワラジ状態でしたが、
一つの仕事は病気の関係で、どうしても
他の人から2歩も3歩も遅れをとっていました。

 

そのため、その仕事は、
本当に受動的でした。

 

 

しかし、もう一つは自分が
いかに必要な人となるかを
考えていました

 

 

常に新しい情報を手に入れ、
それを自分の職場の状況に当てはめて、
常に提案できるようにしておく。

 

そして誰よりも詳しくて、問題解決もでき、
いなくては困る人なるようになることを
心がけていました。

 

 

 

でも、それをアピールすることはしませんでした。

 

なぜなら、誰かに聞かれた時にすぐに答えたり、
問題が発生した時に、すぐに解決することによって
自分の必要性を認めさせるための
手段として使っていたからです。

 

 

正直、結構なお金と時間の投資をしました。

 

でも、そのおかげで、他部署から
相談されるようになったりしたので、
かなり効果的だったと思っています。

 

 

 

正直、社内で自分を売り込むことは、
ネットビジネスから考えたら
そんなに難しいことではありません

 

なぜなら、問題や困りごとは目の前にあるから。

 

 

そして、職場で必要と思われる知識を
片っ端から勉強して、惜しげもなく
提供すればいいだけですから。

 

周りの人が、パソコンに詳しくなかったら、
自分が詳しくなればいいだけです。

 

 

 

「そんな簡単にいうけど・・・、」と
思っている人もいるかもしれません。

 

 

でも、職場の環境や働き方が
どんどん変わっている今の時代に、
「自分は〇〇は苦手だから」と
言っている人は真っ先に
働く場所がなくなります

 

 

 

例えば、この先AIが普及してくれば、
AIを使える人や、他の人よりも
ちょっとだけ知識がある人が
優遇されます。

 

そんな時、会社で詳しければいいので、
雑誌に乗っていたような情報だって
全然構わないわけです。

 

 

もし会社で誰も勉強している人が
いなかったら、AIの入門書を読んだり、
インターネットで調べてみて、
何かの機会にその知識を披露したら
それで勝ちなんです。

 

 

そして、何かを任されたら、
それから詳しい勉強をすればいい。

 

 

 

これって、基本的なビジネス思考です。

 

まあ、受け身の仕事をしていたら
出てこない思考ですけど。

 

 

だから、ビジネスも、
勉強したほうが絶対にいいと
わたしは思います。

 

マーケティングとか

コピーライティングとか

心理学とか

 

 

特に今は、インターネットを使わない
ということはありえないので、
この3つを知っていれば圧倒的に有利です。

 

 

また、自分が損しないためにも
知っておいたほうがいいですしね。

 

正直、多くの人は、世の中の仕組みを
知らないから、損しているんです。

 

 

 

じゃあ、どうやって勉強したらいいのか?
ということですが、

別に変な教材を買う必要はないです。

 

でも、無料で調べるのは、正直、時間の無駄です。

 

 

なので、本を一冊紹介したいと思います。

 

『現代広告の心理技術』という本です。

 

最近読んで中の本のなかで、
一番役に立つ本です。

 

 

ネットビジネスで、
大きな結果を出している人に
教えてもらったもので、

コピーライティングと相手を動かすのに
必要な心理学を学べるものです。

 

 

 

「いや、営業じゃないから
コピーライティングは学ばなくてはいいよ」

ってあなたは思ったかもしれませんが、
プレゼンでも、面接でも、上司・部下との会話でも、
結局は売り込みなんですよね。

 

 

同じスペックの人がいたら
魅力的な話をできる人が圧倒的に
有利なのは明らかです。

 

例えば、前回の書いたセミナーのとき、
時給だけで会社を選んだから
面接での志望動機が見つからないと
悩んでいる人がいました。

 

わたしからしたら、いくらでも
違う表現で伝えることができるのに、
その人は適切に伝える方法を
知らなかったわけです。

 

 

これって、ものすごく
再就職として不利なことですよね。

 

 

もし同じ条件の人が面接にきたら、
伝え方一つで内定がもらえるか
もらえないかが決まるわけですから。

 

 

社内で自分を売り込むのも、
プレゼンするのも、
転職を有利にするのも、
結局はコピーライティングです。

 

 

会社員の人は、この本一冊持っていれば十分です。

 

また、今ビジネスをしている人は、
絶対に読んだほうがいいでしょう。

 

『現代広告の心理技術』

 

ちょっと普通の本より高いのですが、
おすすめです。

 

 

 

とにかく、これからは会社員であったも、
ビジネスの勉強は必要です。

 

会社で生き残るために、
そしてもしも会社に
いられなくなっても、
ビジネスの基礎知識があれば、
他の人よりは圧倒的に有利
です。

 

 

そして、さらに自分の立場を
有利にしたいのであれば、
色々な分野の勉強をしましょう

 

今は、どれだけ有用な情報を
持っているかが、大切な時代なので。

 

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください