思ったこと、願いが叶う人の考え方や特徴を知ることは、遠回りしない人生を送るために必要

40代になると現実を見すぎて、
夢を追いかけることができなくなってきます。

 

でも、だからこそ思いやや願いを叶えるためにはどうしたらいいのか?
ということが、現実的に考えられるのではないかと思います。

 

なので、私の経験も含めて願いを叶えるために

  • 現実的にどう考えたらいいのか?
  • 現実的にどう行動していけばいいのか?

について話をしていきます。

願いを叶えるのに『引き寄せの法則』を知る必要はない

アラフィフになってくると『引き寄せの法則』を引き合いに出して、
「同じ波動で引き合う」など話をしても意味がないと考えています。

 

なぜなら、夢を見ているような時間がないからです。

早く願いを叶えてしまわないと、体が動かなくなってしまいますからね(笑)

 

まあ、理由はそれだけでなく、わざわざスピリチュアルを出して
分かりにくい言葉で、話を難しくする必要もないと思っているわけです。

 

 

そんなことを言っている私も最初のころの記事では
『引き寄せの法則』について書いていますが(笑)

でも、ブログで何を書いていこうかと迷っていたときなので、
ありきたりのことしか書いてません(笑)

 

『引き寄せの法則』についてはこれくらいにして、
実際のところ、願いが叶うというのは現実の世界に起こることです。

その現実に起こることを現実的でない言葉で説明するのはおかしい
年齢を重ねるごとに強く思うようになってきました。

 

だから、

  • 言葉で説明できないことや分からないことは、そのままにしておく。
  • 分からないのに、難しい言葉を使って論理が通っているようにしない。

 

 

それが早く願いを叶えるためには絶対にいいと考えています。

だって、理解できないことや実感できないことで
悩んでいる時間がもったいない
じゃないですか。

自分が本当に望んでいるものは、正直良くわからない

人は案外と自分は本当は何を望んでいるのかが分かっていません

 

インターネットで色々な人のブログを見ると、
「願いが叶わないのは本心ではないから」みたいに書いてありますが、
その本心が実はよく分からない。

 

じゃあ、本当に心から望んでいるものを見つける方法があるのか?
というと、実は答えを書いている人はいません

なぜなら、「本心でないから叶わない」と言っている人も、
実は自分が本当に叶えたいものは何なのか分かっていないからです

 

これは、真実。

 

「これが私の本当に叶えたいことだった」
というのは、後付なんです。

  • たどり着いたら、その場所が思いの外良かったから
  • それほど気に入ってないけど、多くの人にすごい人と思ってもらえるから

というのがほとんどです。

 

でも、最初は分からなくて当たり前です。

 

「隣の芝生は青く見える」とよく言いますが
他の人が持っているもの、ライフスタイル、
働き方、恋人、家庭、家族などのほうが圧倒的によく見えます。

 

だから、ほとんどの人は最初は他人が達成したものを
自分も達成しようと目指すんです。

自分の心の底からの願いじゃなくてもです。

 

 

この他人をうらやましいと思う感情は、年齢は関係ありません。

年齢を重ねると、周りがうやましくなくなるといいますが、
それは年齢による諦めであって、自分に言い聞かせているだけに過ぎません。

 

また、今の自分が幸せと言っている人は、何かを諦めているか、
情報発信のブランディングのためかどちらかです。

だから「お金があるから旅行も行けるし何でも買えます」って言っている人が、
誰よりも働いているなんて言うことがよくあります。

 

 

もちろん、会社員でいるよりも数十倍も稼いでいるので、
それだけを見たら幸せかもしれません。

でも、それが叶えたい願いなのか?
ということをしっかりと自分で考えないといけない。

 

 

あともう一つ、今の自分の願いが叶ったら
その後の人生は本当に幸せかというと、そんな事はありません。

 

誰もが経験したことがあるはずです。

イメージしていたのと違うということが。

 

そして、意外と前のほうが良かったと感じることもあります。

だから、その場所についたら
すぐに、次に自分が叶えたい願いが出てきます

 

 

でも、それが悪いわけではありません。

願いが叶ったり、叶わなかったりしながら
自分が本当に望んでいるものに近づいていくんです。

 

もちろん、前の場所に戻って
そこから違う道を選ばなくてはいけないこともあります。

願いを叶えるためにいろいろな方法があるけどなにが一番なのか?

願いを叶える方法としていろいろなことが言われています。

 

  • ノートに毎日願い事を書く
  • ビジョンボードを作る
  • アファメーションをする

などなど。

 

別にどれも無意味だとは言うつもりもないです。

それによって願いを叶える人が実際にいるのも事実でしょうし。

 

ただ、どれも義務みたいになっているのならやらないほうがいいです。

 

なぜなら、願いを叶えるのは大変なこと、苦しいこと、
というイメージが植え付けられてしまうので。

 

 

あくまでも、これらの方法はサブアイテムに過ぎません

メインアイテムがあってその上でサブアイテムがあるのですが、
サブアイテムを強調する人が多いので勘違いしている人も多いようです。

 

もちろんサブアイテムは無理してやる必要はなくて、
上手にサブアイテムを使える人は使えばいいし、
違和感がある人はやらないほうがいいという感じです。

 

 

じゃあ、メインアイテムは?というと。

 

現実的な行動をすることです。

当たり前のことなんですけどね。

 

  • お金が欲しいなら、祈ってないでお金を稼ぐ。
  • 会社をやめたいのであれば、やめれるような状況を作る。
  • 彼氏、彼女が欲しいのならば、おしゃれをして、出かけてみる。
  • 結婚したいのならば、結婚相談所にいく。
  • もし仕事で成果をあげたいのなら、実際に成果を上げている人に教えを請う。

やることは沢山あります。

なんか夢もない話ですが、夢を見たいわけではないので
やることは非常に現実的です。

 

サブアイテムを強調している人たちだって、
夢のないことをやっているから願いが叶っているんですよ

 

この現実に目を向けない人は、
いつまでたっても人生が変わるような願いが叶うことはありません。

 

 

私はお金がほしいと思ったときに、インターネットでお金を稼ぐ方法の情報を毎日見て、
自分ができそうな2万円ほどの教材を買って一人で黙々と作業をしていました。

そうすると、一年ほどで大きく現実が変わって、
結局はお金がたくさん欲しいのではなかったということになっちゃったんですけど(笑)

 

だから、今は違う望みを叶えるために行動中です。

その習慣は願いを叶えるために必要なのか?

願いを叶える人の〇〇個の習慣とか特徴というブログを良く見ます。

願いを叶えるだけじゃなくて、
仕事ができる人とか、人に好かれるとか、いろいろとありますが。

 

 

どれも、だいたい同じことを書いてあります(笑)

 

中には、人として当たり前でしょうというものもありますが、
正直気持ち悪く感じるものもあります。

 

例えば常にポジティブな人が自分の周りにいたらどうですか?

正直、私はうっとうしいし、関わりたくはありませんが(笑)

 

全てのことに感謝するっていうのもあります。

これは、一度試したことがあります。

 

コンビニのレジとかで「ありがとう」って言ってみたり、
今自分の状況に感謝してから1日終わったり。

それで何かが変わるわけでもなかったし、
途中からどうでもよくなりました。

 

でも、どんな些細なことでも何かをしてくれた人には
「ありがとうございます」っていいますよ。

そもそも「ありがとうございます」が
素直に言えない人は嫌われて損をします

 

 

まあ、他にも色々と習慣や特徴というものがあります。

でも抑えておくべき基本は2つです。

 

まず人に嫌われるようなことはしない

 

多くの人に嫌われたら、やっぱり願いは叶わなくなります。

チャンスは必ず誰かがもたらしてくれるので、
嫌われたらチャンスすら訪れないということです。

 

そして、幸せになるための行動を惜しまない

 

一人で拗ねて全く行動しないとか、楽しくないことをやり続けるとか、
常に不機嫌だったりとかしたら、誰だって前向きな行動ができませんよね。

 

 

願いを叶えるということは前向きな行動です。

それなのに常に後ろ向きの発言や行動をしていて願いが叶うわけがありません。

 

それから、夢は信じるだけではなくて、
夢に向かって行動するということが大切です。

 

 

要するに、こういう習慣を身に着けていると
有利に人生をすすめることができるかも、ということです。

 

言われたことだけをやっていれば、願いが叶うわけではありません

思ったことや願いを叶えるためには知識や知見が必要

願いを叶えるために、必ず知識や知見が必要になります

そのための勉強や情報収集などはかかせません。

 

どうしてかというと、何も知らないまま行動しても上手くいかないからです。

願いを叶えたいことがあったら、
まずはその願い事に関して詳しくなる必要があるということです。

 

そして詳しくなれば、遠回りすることがなくなくなるので
早く願いが叶うようになります。

 

また、知識を増やすということは、
叶えたい願いをはっきりとイメージできるようになります。

 

叶えたい願いをはっきりとイメージできるのは、
先ほど話をしたサブアイテムと同じです。

しかし、知識や知見を身につけるほうが現実的ですし、
より願いを叶えやすくなります

 

 

そして、もう一つメリットがあって、
事前に頭の中でシミュレーションができることです。

 

シミュレーションができると何がいいかというと、

  • 今からやろうとしていることが叶えたい願いにつながっているか?
  • また毎日どれくらいの時間取り組んで何日くらいで願いが叶うのか?

などの大まかな目安を掴むことができることです。

 

どんな願いでもそうですが、
いつ叶うか分からないことを続けていくのは、ものすごく大変です。

それに願いが叶いやすい方法や、
できるだけ早く叶える方法というのもあります

 

やっぱり、闇雲にやると挫折する可能性が高いので
事前に頭の中でイメージしておくのは思いのほか大切になります

 

 

それから、最もに気をつけなくてはいけないことがあります。

それは、あなたの現状の知識や知見では
絶対にその願いが叶えられない場合です。

 

例えば、会社に縛られない生活をしたいと考えたときに、
お金を稼ぐ方法は世の中にたくさんの方法があるわけです。

残業する、アルバイトをかけもちする、ネットビジネスを始める、
オークションなどに出品する、投資をするなど。

 

でも、残業かアルバイトをするという知識しかなかったら
稼げる金額は限られるわけで、いつまでたっても今の生活を抜けることはできません

 

じゃあ、アフィリエイトというものが稼げるらしいからやってみよう
となったとしても方法を知らなければ何もできません。

仮に、ブログを書けばいいと分かっても、
闇雲に書いたって読んでもらえないし成功しないわけです。

 

 

どんな願いを叶えるにして、必ず勉強をして
知識や知見を身につける必要があるということです。

そもそも行動する人が少ないのですが、
しっかりと正しい知識や知見を身に着けながら行動する人はさらに少なくなります

 

どうしてかというと、ほとんどの人は何の痛みも伴わずに願いを叶えようとするからです。

 

でも、願いは叶えたいけど勉強も何もしたくないなんて言ってるのを見たら
「この人は願いを叶えたいって言ってるだけなんだな」って誰も協力してくれませんよ

100%願ったことが叶っている人なんていない

願いが叶っているとブログや本で書いてる人は、
願ったことが何でも叶っているような書き方をします。

ただ、これはマーケティングの手法で、ビジネスのためです。

 

読者にアピールしたい部分だけを抜き出して、
知られたくないところはあえて書かない。

だれだって恋人には自分の知られたくない部分は話さないで、
いい部分しか言わないってことをしてるはずです。

 

それを、ビジネスに利用すると「いつも願いが叶っている人」が完成します。

 

 

知ってほしいのは、どんな世界だって100%はないんですよ。

 

世界のイチローだって、10回打席に立って
3回しかヒットを打てないんですよ。

ビジネスをやっている人は色々と考えて、
10個のうち1個上手くいけば成功だと言っている人がたくさんいます。

 

しかも、誰よりも沢山行動している人がです。

 

それなのに、ブツブツつぶやいているだけの人やノートに願いごとを書いてるだけの人が
願いを叶えることができる可能性はどれほどか?

あなたにだって分かるはずです

 

願いを叶えるための行動していない人が
願いを叶える可能性は限りなく0に近いということですよ。

本気で叶えたい願いなら諦めずに行動し続ける

これは行動し続けろという意味もあるし、
行動し続けることができるという意味もあります。

 

多くの人の願い事は叶うまでに、時間がかかったり、何回か失敗したりします。

 

そもそも、すぐに叶うことは願う前にさっさと叶えてしまいますから、
それは多くの人が求めている願いが叶うということにならないですよね。

 

ときどき、食べたいと思っていたお菓子やケーキを
誰かが持ってきてくれたから、願いが叶いましたって人がいますが、それは偶然です

100回食べたいと思って、50回くらい持ってきてくれたとしたら、ちょっとだけ信じます(笑)

だって、本当にほしければ買いに行けばいいだけですし。

 

ちょっとやそっとでは叶わない願いだからこそ、1回やってダメだった、
少しやってみたけど結果が出なかったらからといって、願いが叶わないと諦めるのは早すぎます

というか、本当に叶えたい願いなら必ず何回もチャレンジするはずです

 

言い方を変えれば、叶えたいことがあったら行動し続けろと言うことです。

もし1回程度の失敗で諦めるようであるなら、
あなたがその願いを本当は叶えたくなかったということです。

 

本当に叶えたい願いならば何回もチャレンジするし、
うまくいかなければ改善点を自ら探そうとします。

そして、最後に「いろいろとチャンスに恵まれて願いが叶った」と言います

 

決して、「ものすごく努力して願いを叶えた」とはいいません。

要するに何をするにも、ワクワクするし、楽しいから、努力をしているとは思わないのです。

 

また、苦しいときがあっても歯を食いしばって行動し続けます

 

 

こうやって書くと「そんなことはない、自分は絶対にこの願いを叶えたい」
と心のなかで思っている人はたくさんいるでしょう。

 

実は、私も同じことをよく心の中でつぶやくことがあります。

でも、それからしばらくして冷静になると、いつも思うんです。

 

「なんで、この願いを叶えたかったんだろうって」

 

本気になることができない願いは叶わないんだなといつも感じるし、
そういう願いがほとんどだといつも気付かされます。

願いが叶うのも、叶わないのも全て自分の責任

これだけは言えることあります。

 

叶えたい願いに出会ったり、思い浮かんだときに

「じゃあ、ちょっと調べてみてやってみよう」

と行動できないものは、まず100%近くは叶わない。

 

 

本当に叶えたければ、雑誌を買ってくるとか、
ちょっと服装に気をつけるとか、何かしらの行動をします。

 

多くの人は車が欲しくなったら、
雑誌を買ったりカタログを取り寄せたりしたり、
自分の貯金を調べたりといろいろとしているはずですよね。

だから、車を購入するという願いが叶うわけです。

 

どんな願いを叶えたいときだって全く同じです。

 

逆に、願いを叶えたい思いだけが強く何も行動しないと、
その願いに心を乱されて何かと振り回されて終わります。

 

 

「心の底から叶えたい願いじゃないと叶わない」というのは嘘です。

心の底から叶えたい願いはすぐに行動できるので、願いが叶う可能性が高いというだけです。

 

だから、それほど強く叶えたいと思っていない願いでも、無理やり行動すれば願いは叶うんです

 

いちばんイメージしやすいのが受験でしょう。

 

ほとんどの人は、それほど勉強することも好きでないし、
特別この高校や大学に入学したいというのはないでしょう。

でも、そこそこの学校に多くの人はいくわけでが、
これは勉強するという行動を強制されているからです。

 

要するに、無理矢理にでも行動すれば、
そこそこの願いはだいたい叶うということです。

 

そして、多くの人が言っているような習慣や特徴を
必ず持っていなければいけないということではありません。

 

 

大切なのは「その願いを叶えるために、あなたは何をするのですか?」ということだけ

 

 

願いが叶うか、叶わないかは、その人自身の責任だと言うことになります。

 

 

そして、自己責任だと考えながらブログや本を読んでいると分かることがあります。

それは、願いが叶ったという人の話には、必ず裏があるということです。

 

わたしがそれなりに成功している人のブログなどを読んでいて、いつも思うことがあります。

  • この人はこの願いを叶えるために、どれだけ行動したんだろう?
  • 自分は同じことができるだろうか?

 

 

ただ、どれだけ行動しても、自分の本当に望む結果が手に入るかは誰にも分かりません

 

確立を上げることはできますが。絶対に望む結果が手に入るなんてことはありません。

だから「人事を尽くして天命を待つ」となります。

やるべきことをやり尽くしてから願うから、願いが叶うのです。

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください