苦手な人との付き合い方と人間関係で疲れたときに考えること

先日LINEで、相談というか、悩みを送ってくれた方がいました。

 

介護ヘルパーをしている方で、相性が合わない利用者さんがいて、1年近く悩んでいるということです。

完全に苦手意識が定着してしまっているようで、週に1回の訪問がかなり苦痛のとのこと。

 

どんな人でも生きていれば、絶対に人間関係で悩みがあります

人によっては、人生が狂ってしまうほど悩んでいる人もいます。

 

もし人間関係の問題がすべて解消されれば、すごく幸せな人生が待っていることでしょう、たぶん。

でも、誰でも必ず苦手な人というのは必ずいるものですし、人間関係の問題というものはなくなりません。

 

でも、自分の心がけで人間関係の悩みを減らすことができます。

 

間関係の大前提

わたしは、病気や手術でかなり長期間入院して、その間にいろいろな人を見てきました。

そして、ものすごく感じることがあります。

 

それは、人は絶対に他人を理解することはできない、ということです。

 

そして、自分も他人には理解してもらえないということも、痛いほど知っています。

病気をもって、仕事をしているとものすごく感じるのです。

ほとんどの人が、相手を理解すると言いながら、自分基準でしか考えることができないという現実も見てきました。

 

ものすごく心に余裕があって、他人を観察する力がある人が、少し気を遣うことができる程度なのです。

 

そして、他人のことが理解できないのだから、他人を自分の思い通りに動かすなんて、もちろんできません。

でも、多くの人は、この大前提を知らない、もしくは忘れてしまうから、他人に対して理解してくれないと怒ったり、他人を自分の思い通りにしようとして、苦しい思いをしてしまいます。

 

苦手な上司との付き合い

まずは、わたしの人間関係に関する経験を書かせてください。

わたし、ずっと今の上司が苦手でした。

常に怒られていて、それに対して何も言うことができない自分がいて。

 

正直、会社に行くのが苦痛で仕方がない期間が2年くらいありました。

会社につくと息苦しくなったりしていましたし、朝は吐き気をもよおしていました。

 

しかし、今は自分もしっかりと意見を言えるようになり、しっかりとした会話ができるようになっています。

もちろん、恐怖はありますが、以前のように、息苦しくなることもなくなったし、朝の吐き気も治まりました。

 

かなり良好な関係性になったと自分自身感じています。

 

なぜ上司との人間関係が改善したのか

では、今の上司との関係が良くなったきっかけは何か?

それは、自分の考えをはっきりと表現するようになったことです。

 

恥ずかしい話、上司にマジギレしたことがあったんです。

もちろん、喧嘩まではしてませんよ。

 

その件から、もう自分もマジギレした後だったし、怖いこともなくなったので、どんどんと自分の考えを臆することなく言うようになったんです。

そうしたら、しっかりと話しを聞いてくれるようになり、上司から相談されるようにもなりました。

 

だから、一回マジキレしましょうというわけではありません。

 

実は、このことで、ものすごく実感したというか、反省していることがあります。

それは、関係をこじらせていたのは、自分自信だったということです。

 

要するに、何かしら怒られてりしたのは、自分自身の態度に問題があったからです。

自分がハッキリとした態度で上司と向き合わないから、常に怒られていたんだと、気がついたのです。。

 

中学の嫌な思い出

実は、わたしが自分自身の考えをはっきりとさせないで過ごすようになったのには、理由があります。

 

中学のとき、小学校からの友達に、突然無視されるという経験をしました。

それまで、お互いの家で遊んだりしていた友達です。

 

結局、それ以来一言も会話をしていません。

 

理由は、他の友達からちょっと聞いたのですが、要するに『嫉妬』です。

子供時代のくだらない、嫉妬です、と今なら言えます

 

でも、それからわたしは、人とどうやって接したらいいか分からなくなりました

 

そして、自分の考えをしっかりと言わないで、上辺だけの人間関係をつくるということで、自分を守ろうとしました。

それは会社に入ってからも同じだったのですが、ずっと上司に恵まれていたのもあって、なんとかなっていたのです。

 

でも、今の上司はハッキリしないことが嫌いだったようで、わたしは常に怒られることになってしまったのです。

だから、マジキレという最悪の形ですが、自分の考えを言うというきっかけで、すぐに関係性が変わったのです。

散々悩んだ上司との関係ですが、3日ほどで変わったのです

 

ものすごく不思議な気分だったを今でも思い出します。

 

すごい看護師さんは何が違うのか?

わたしが、苦手な人との付き合い方で、すごいなと思うのは、看護師さんです。

特に入院患者を相手にする。

わたしは長期間の入院を何回もしているので、看護師さんやヘルパーさんの対応なんかを、良く見ていました。

 

病院ってわがままで、常に怒っている人が必ずいます。

しかも全部男性。

男は本当にダメだわって思う瞬間です(泣)

 

それは置いといて、やっぱりわがままな患者さんの対応がうまい人っているわけです。

いろいろ言われながらも、しっかり患者さんを抑え込める人が。

 

逆に、火に油を注ぐような看護師さんもいます。

 

じゃあ、その違いは何か?

 

すごい看護師さんは、相手とのコミュニケーションの中で、自分が引く、引かないの線引きが上手なんです。

自分の中にハッキリとした、基準を持っています。

 

わがままを言っている患者さんと、しっかりとコミュニケーションを取りながら、自分が引いてはいけないときは、絶対に下がらないんです、

でも、対応が下手な人は、すぐに下がっちゃうから、患者さんになめられてしまってます。

 

他人に振り回されるのは、被害者意識から

相手がわがままを言う、相手がすぐに怒るという場面に出くわすと、相手が悪くて自分が被害者みたいな感じになってしまう人が多いと思います。

でも、最終的には他人が悪いかどうかは、重要ではありません。

 

自分にどれだけ自信をもって、物事をハッキリと決めることができるかが大切になってきます。

自分がはっきり決まらないから、どうしても他人に振り回されているように感じることが多くなってしまうのです。

 

そのことが、腑に落ちてからは、わたしはできるだけ自分の考えをはっきりするように心がけています。

 

もちろん、自分の考えを他人に押し付けるわけではありません。

そんなことをしなくても、自分の基準をしっかりと持てば、行動が全く変わってきます。

そうすると、相手もそれを感じとり、自然と関係性が変わってくるものです。

 

相手を理解することはできないからこそ、自分をハッキリさせる

今回、介護ヘルパーさんから悩みを頂いたとき、利用者さんの気持ちも分からないわけではないと少しだけ思いました。

 

何回も入院して、体が動かせない日々を過ごしたこともあります。

腎移植のときは、10時間の手術をして、次の日の朝には、激痛のなか5分ほど歩かされ、それ以外は、点滴やらいろいろなものがたくさんついているから、体を動かすこともできない。

流石に3日めには、発狂しそうになりました。

 

そして、痛みから開放されて自由に動き回りたいと、ものすごく思いました。

看護師さんも、検温などのときしか来ないから、一人でずっと痛みに耐えるしかありませんでしたし。

 

また脳梗塞のときは、後遺症なしということでしたが、数年間は左手の親指が震えて、細かい作業に支障がありイライラしたこともあります。

 

そんな経験があるので、頼れる人がいると、わがままなになって怒れてしまう気持ちもなんとなく分かります

でも、あくまでも、健康体の人と比べたらなんとなく分かるという程度で、理解できているわけではありません。

 

理解なんてできません

 

結局、人間関係はどんなに想像力を働かせても、いろいろな経験を積んでも、相手を理解できないということだけがハッキリしています

 

よく、相手の気持ちを分かってあげようなんて言います。

でもそれは、偽善だし、自己満足だとわたしは思っています。

 

だって、結局分かんないんだから。

分かってあげようという考え方が傲慢です。

 

だから、相手のことは、分からないんだと肝に銘じて接するしかないのです。

そして、相手ことが分からないのだから、どうしても目の相手に対して自分はどのように接するのか、ハッキリさせなくてはならないのです

 

特に、わがままな人、すぐに怒る人は、他人を支配するという目的がハッキリしています。

だから、よりいっそう自分の考えをハッキリさせる必要が出てきます。

そのうえで、相手の気持ちを推測しながら、コミュニケーションをしていくしかありません。

 

その先は、駆け引きみたいなものなので、経験を積むしかないと思います。

相手と心の行き違いを経験するかもしれません。

自分が良かれと思ってしたことで、相手が怒ってしまう経験をすることもあるでしょう。

 

でも、こうすれば良好な人間関係を築けるなんてものは、残念ながらありません。

人間関係のスキルアップは、とにかく経験積むしかないのです

 

⇒おすすめ記事一覧

⇒ブログ記事一覧はこちらから

 

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください