「40代で人生やり直し」とか「40代では人生手遅れ」と悩む前に考えることとやるべきこと

私も40代の半ばから悩むことが多くなりました。

この年令になると、自然と60歳とか70歳の人生を考えるようになり、
このまま人生終わるのかなと現実を突きつけられている気分がしていたためです。

 

それと、体調の不良が重なって退職ということになったわけですが。

 

まあ、今から思えば一箇所にしがみついて
動かなかったら狭い世界しか見ていなかったわけですが。

 

それでも、当時はものすごく悩み
40代の自分に見えている人生を変えたいと思っていたわけです。

 

ただ、当時の私は、ネットでも本でも
「40代の危機」とか「40代の人生のやり直し方」
なんていう言葉があふれているのを見て、なんか違和感を感じたわけです。

 

いやいや、危機におちいったり、やり直さくてはいけないほどの人ってそんなにいないでしょ?って。

ただ、それまでは、人生を突き進んでこれたのが、
いろいろと見えてきて、深く考える必要が出てきただけでしょ?って。

40代は微妙な年代

45歳を過ぎてくると定年後の人生のことを
急に考えるようになるから不思議です。

 

きっと長い時間お世話になった人が退職していくことで
順番が近づいてきていると感じるのでしょうか。

もしくは、どんどん出世をしていく人は別にして大半の人は、
給料が上がらなくなって、これから減っていくことが分かっているからか。

 

40代になると年上の人達の仕事の仕方や会社から受けている待遇など、
次は自分があの立場になるのか?と見えてくる部分が多いのです。

自分はこれ以上会社で出世することもないし、給料も大きく上がらない。
人生も終わりかなと諦めムードになる人も出てきます。

 

また、なまじ人生を俯瞰してみることができるだけに、
諦めも入ってくるという手のつけようのない年代なのです。

 

そうすると、ネットや本などの
「40代の人生のやり直し方」とか「40代の人生は手遅れ」
みたいな特集にどうしても目がいってしまいます。

 

持病のため万年平社員で昇給も少し、
もともと人生を諦めていたわたしですら、
40代になってしばらくすると絶望に近いものを感じるようになりました。

 

そして、これからどうしていったらいいのか、
急に不安になりわからなくなってしまうのです。

そのため多くの人は40代は人生のやり直しと
声高らかに言うのかもしれません。

40代の人生の見直しに違和感

わたしは『人生の見直し』という考え方に違和感を感じます

 

それはアラフィフになった今でもです。

なぜなら、今のわたしはこれまで培ってきたもので、
今の新しい仕事をしていますし、ブログも書くことができています。

 

そんな私には「今までの人生をやり直す」という言い方が、
今までの自分を否定しているような響きを感じるのです。

 

 

なぜ40代になると「人生をやり直す」とか「人生は手遅れ」
みたいな言葉を使うようになるのでしょう?

 

それは、今までの自分の人生が失敗だったと
心のどこかで否定しているからではないでしょうか。

しかし『やり直し』という考え方では、
絶対に人生はうまくいかないと考えています。

 

なぜか

 

それは、これまで歩んできた自分がいるからこそ、
今のままではダメだと気がついたからです。

 

 

確かに、今の現実は望まない状況かもしれません。

でもその状況を作ってきたのは紛れもない自分です。

 

40代になって諦めと絶望を味わっているのも
これまでの人生があったからだというのは間違いありません。

 

だからこそ、純粋に変わりたいと思えるし、
どのように変わりたいのかがはっきりしてくるのです。

 

 

「人生をやり直す」というのは、
今までの自分を否定することも含まれます。

 

でも、所詮自分は自分でしかありません。

自分の過去の経験をすべて持ったまま
今後も人生を送っていかなくては行けないのです。

 

自分の過去を無視して考えた人生なんていうのは
他人の人生をただ真似ているだけに過ぎません。

そんな人生になんの魅力を感じることができるのでしょうか。

40代って人生手遅れになってるの?

あと40半ばを過ぎると「人生を変えるのは手遅れ」
だと思っている人がいるようです。

 

でも今の平均寿命は何歳ですか?

 

2019年の時点で日本人の平均寿命は女性が87.45歳、男性が81.41歳です。

今後も伸びていく可能性が十分にあります。

ということは、まだ人生半分くらいしかきていないわけです。

 

少なくともあと30年は
いろいろなことにチャレンジするチャンスがいっぱいあります

 

 

確かに会社だけを見たら、人生終わりです。

しかし会社を離れれば、選択肢は山のようにあります。

 

実際に60歳過ぎてから
ユーチューバーとして活躍している人もいます。

わたしの勤めている会社の社長はもう少しで70歳ですが、
現役の技術者として活躍しています。

 

わたしもアラフィフですが、
最近、新しい世界にチャレンジし始めたばかりですし。

 

 

もう会社は社員の生活の全てを保証できなから、
複業でも副業でもしてくれと言い始めている時代ですよ。

そんなときに会社の価値観だけで、
自分の人生を終わらせるのは本当にもったいないです。

 

世の中には、探せばいろいろな職業や働き方があるし、
沢山の人生の送り方があります。

 

せめて、「人生が終わった」とインターネットで調べる前に、
「新しい人生の送り方」なんて調べてほしいものです。

これまでずっと誰かの考えたレールの上を歩いてきただけ

世の中には「人生のやり直し」に関して多くの情報がありますが、
その情報は誰に向けて発信されているか?考えたことがありますか?

 

実は人生やり直しに関する情報の多くは、
ずっと誰かが引いたレールの上を歩いてきた人に向けてです。

いままで、誰かが「絶対にそのほうがいいから」と言っていた道を選んで、
がむしゃらに暮らしてきた人たちです。

 

 

でも、40代半ばを過ぎると
そのレールが途切れていることが分かるんです。

ここまでは言われたとおりにやってきたけど
これからどうしたらいいのかわからなくなるんです。

 

学校も受験も会社もこれまでの人生は、
誰かが引いたレールの上を歩いてきただけなんです。

 

要するに40代半ばにして初めて、
「ここからは自分でレールを引いてくださいね」と言われるわけです。

でも多くの人が自分でレールを引くことなんてできないわけですよ。

考えたことがないんだから。

 

 

だから、多くの「人生やり直し論」というのは、
「私が引いた新たなレールに乗り換えましょう」って言っています。

 

 

まあ、私だって同じことを言っているんですけどね(笑)

ちなみに私は自分の経験から最近考えたことは
「会社で半分、自分で半分稼いで自由な時間を持ちましょう」

 

 

結局は誰かの作ったレールに再び乗るわけです

でもどのレールに乗るのかは誰も決めてくれません

 

あなたが決めるしかないのです。

40代はすごく大切な年代

40代というのは、実は
ものすごく大切だとわたしは感じています

なぜなら、40代はチャレンジできる最後の年代だと思っているからです。

 

正確に言うと、多くの人は
50代になってからチャレンジするのは厳しいと考えているからです。

なぜなら、いざというときに潰しが効かないですし。

 

それに、50歳になると
考えることが変わってくると思うんですよね。

 

会社の中で落ち着いちゃいそうです。

 

だから、自分のことを真剣に考えることができる
40代までがチャレンジできる上限かと。

 

もちろん全員ではありませんが、
普通に会社員をしてきた人は特にです。

 

 

本気で自分を変えたいといつまで思えるか?

それが多くの人は40代が最後かなとわたしは感じています。

 

ネットビジネスのコミュニティにいたときに
40歳以上から始めたという人た極端に少なかったからですけど。

プライドが捨てられないと人生の見直しができない

人生の見直しというと、転職、起業、ネットビジネスなど
いろいろと選択肢があります。

 

でもプライドを捨てる覚悟がないとうまくいきません。

まあ、どの世界でも、プライドが高い人は嫌われますけど。

 

40代だと絶対に年下から
物事を教えてもらわなくてはいけなくなります

 

 

ネットビジネスの世界はそれが顕著です。

40後半になってから、
30代前半の人に怒られることもあるわけですから。

 

そのときにプライドばかりが高くて
自分の過去や価値観にすがりついている人は成功しません

 

 

それは、転職しても何にしても同じです。

 

 

自分の人生を変えるということは、
これまでの自分の価値観を変えるということ

 

本気で人生を変えたいのであれば、
何事にも、プライドは捨てて取り組む必要があります。

アラフィフで見えた40代での人生見直しを叫ぶ人たちの不自然さ

ここまで40代の人生の見直しについて書いてきましたが、
最近アラフィフになり落ち着いてきて見える部分があります。

 

それは、全ての話が行動しなければ必ず人生が悪くなる
という前提で話をしていることです。

「生きる気力もなくなる」なんて言っている人もいます。

 

 

でも、行動しなければ人生がどんどん悪くなるのか?
って言うとそれは違います。

 

行動しても人生が悪くなって大変になることだってあります

少し我慢して、そのままの人生を送っていたほうが
幸せになれるということだってたくさんあるわけです。

 

多少は不満はあるけれども、いろいろと他人任せは楽ですから。

 

 

本当の人生をやり直しとは、自分で人生を決めろということです。

 

 

チャレンジできるというのは楽しいですが、
正直苦しいこともたくさんあります

だから、人生を見直そうと思っている人は考えてほしいんです。

 

自分はどこまで本気になって行動し続けることができるだろうか?

 

本気になってできないなら、
今のレールに乗り続けるほうが私はいいと思ってます

なぜなら、人生が終わるわけではありませんので。

どの人生を歩むか自分で決めた人だけが、望む人生を送ることができる

人生のやり直しはできません。

 

他人がどんなにこうしたほうが幸せになれますと言っても、
それはその人の人生から見た幸せでしかありません。

自分とは全く違う人生を送ってきた人が考える幸せです。

 

 

それにも関わらず「人生のやり直し」
というものに淡い期待をしている人がたくさんいます。

確かに他の人は幸せそうに見えますから。

 

 

だからと言って、何もしなければ、
自分が望む人生に進むことはできません。

今の状況を変えようと思った人だけが、
自分の望む人生を歩むチャンスを手に入れることができます

 

まずは、どうするかを自分で決めるなくてはいけません。

 

  • 大きく人生を変えたいのか?
  • ちょっとだけ人生を変えたいのか?
  • 今の人生をそのまま進むのか?

 

どれでもいいから自分で決めることです。

そして、決めたように行動していくことです。

 

 

40代で人生に悩んだときに、最も大切なことは
自分でこれからの人生を決めることです。

 

「今のままの人生でいい」と自分の意志で決めることも
自らを変える立派な行動です。

 

 

とにかく、惰性で生きている人生を抜け出すことが大切です。

そうすると現実は変化しなくても
全く違う人生が始まります。

 

 

歩んできた人生をしっかりと見つめ直し、
変えるべきところは変え、変えなくてもいいところは残す

これが大切なことだと考えています。

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください