『40代で人生やり直し』という言葉は使うな

40代になると会社に関しても世の中に関してもだんだんと現実というものがわかった気がしてきます。

実際は全然わかっていないのですが、自分の知っている範囲に関して言えば、確かにそのとおりだと思います。

そのため、こんな人生を送るはずではなかった、これから先のことが不安ということで、人生をやり直したいということが頭に浮かんできます。

40代というのは、多くの人にとって人生を考える年代なのです。

そして、それに答えるように書籍でも、ネット上でも40代からどのように過ごしていけばいいのか?という情報があふれています。

でも、そのやり直したいという考え方、わたしはちょっとまってほしいなと思っているのです。

 

40代は微妙な年代

40代になると、なぜか人生のやり直しということを考える人がいます

また、ネットでも40代は会社での先が見えてくるためか「人生のやり直し」という特集が増えてきます。

 

先がわかってくるというのは、段々と自分がこれ以上会社で出世することもないし、給料も大きく上がらない。

そして、年上の人達の仕事の仕方や会社から受けている待遇など、次は自分があの立場になるのか?と見えてくる部分が多いのも事実です。

 

また、なまじ人生を俯瞰してみることができるだけに、諦めも入ってくるという手のつけようのない年代なのです

もともと人生を諦めていたわたしですら、40代になってしばらくすると絶望に近いものを感じるようになりました。

そして、これからどうしていったらいいのか、急に不安になりわからなくなってしまうのです。

そのため多くの人は40代は人生のやり直しと声高らかに言うのかもしれません。

 

40代の人生の見直しに違和感

しかし、わたしは『やり直し』という考え方に違和感を感じます。

なにか今までの人生をやり直すという言い方が、今までの自分を否定しているような響きを感じるのです。

多くの人も、人生をやり直すと考えるとき、今までの自分の人生を少なからず否定しているのではないでしょうか。

 

しかし『やり直し』という考え方では、絶対に人生はうまくいかないと考えています。

どうしてかと言うと、感情を書き出すノートから始まってこのブログを書いていてものすごく感じることがあるからです。

それは、今までの自分がいるからこそ人生に真剣に向き合うことができるし、真剣に人生を変えていきたい、新しい人生を歩んでいきたいと思うことができているからです。

 

確かに、今の現実は望まない状況かもしれませんが、その状況を作ってきたのは紛れもない自分であるし、40代になって諦めと絶望を味わっているのも今までの人生があったからだというのは間違いありません

だからこそ、純粋に変わりたいと思えるし、どのように変わりたいのかがはっきりしてくるのです。

何もないところから、新しく考えた人生なんていうのは他人の人生をただ真似ているだけに過ぎません

 

そんな人生になんの魅力を感じることができるのでしょうか。

確かに最初は楽しいかもしれませんが、だんだん自分の考えていたものと乖離していき、途中でどう進んで行ったらいいか分からなくなって途方にくれるだけです。

人は今までの人生をなくしたら、これからの人生もないのです

 

そして、もう一つ考えてほしいことがあります。

人生のやり直しに関して多くの情報がありますが、それは誰に向けての情報であるのか?ということです。

実は人生やり直しに関する情報の多くは、ずっと誰かが引いたレールの上を歩いてきた人に対してのものがほとんどなのです

 

40代後半になると、誰かが引いてくれているレールがなくなるのが分かるのです

その年令になって、ここからは自分でレールを引いてくださいね、と言われるわけです。

そして多くの人が自分でレールを引くことができないから、やり直しという言葉を使って誰かが引いてくれた新たなレールに乗り換えましょうと言っているに過ぎないのです

 

40代をどのように考えるか

40代というのは、実はものすごく大切だとわたしは感じています。

なぜなら、大きなことにチャレンジできる最後の年代だと思っているからです。

正確に言うと、45歳までにチャレンジを開始しなかったら厳しいと考えています。

 

わたしは44歳でネットビジネスの世界に飛び込み、それと同時に自分自身の人生についても深く考える機会を得ることができました。

それは、ネットビジネスに挑戦したことによって、今まで見ないようにしてきた自分の心と向き合わなくてはいけなくなったからです。

 

正直、ネットビジネスをやること自体は対したことではありません、誰でもすぐにチャレンジできます。

でも本気で人生を変えたいと思ったら、ものすごいエネルギーが必要なのです。

 

凝り固まった考え方を全部否定されるようなことも起きます。

どうしても自分の意見を言いたくなりますが、その考えは会社員としての考え方であり、会社とは違う論理で動いているネットビジネスには全く通用しません。

とにかく、今までの自分の考え方を全て見直す、自分の中の常識を書き直すというのはものすごい大変です

 

だからずっと会社に努めていた人が50歳近くになってからできるのか?と言われたら正直難しいと言わざる得ません。

体もだんだん動かなくなるし、新しい世界に飛び出すときの恐怖がとてつもなく大きくなって行くからです。

わたしも、恐怖のため一時期大変な思いをしたのでよくわかります。

そう考えたとき、多くの人にとって40代が本当に大きなチャレンジをできる最後の年代だと確信しました。

 

自ら変化した人だけ、望む人生を歩むことができる

人生のやり直しはできません。

他人がどんなにこうしたほうが幸せになれますと言っても、それはその人の人生から見た幸せでしかありません。

自分とは全く違う人生を送ってきた人が考える幸せです

それにも関わらず、みんな人生のやり直しという言葉に踊らされています。

 

自分は自分でしかないのです。

その中で考えるべきことは、今自分がどの方向に向かって歩いているかでです。

唯一変えることができるのが、歩く方向だけなのです

 

人生を変えようという行動をして一番感じることがあります。

それは、今までの自分がいたから、新しい人生を発見することができたという思い。

そして、自分から変化した人だけが、自分の望む新たな人生に進むことができるということです。

 

多くの人は、外的要因で人生を人生を考え直さないといけなくなっています。

でも、それでは遅いくて、正直手遅れという感じがあるのです。

 

また、今までの人生がおもしろくなかった、自分の思い通りではなかったからということで、すべてをやり直すみたいな考え方はもう古い考え方だと言ってもいいでしょう。

時代の流れが以上に速い今の時代で、望む人生を送ろうと思ったら、誰よりも早くそして積極的に動く必要があります

そして歩んできた人生をしっかりと自分で見つめ直し、変えるべきところは変え、変えなくてもいいところは残すということ常に考えている人が本当の幸せを掴むのです。

 

⇒おすすめ記事一覧

⇒ブログ記事一覧はこちらから

 

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください