起業するのに、会社勤めは役に立つのか?

今、若い人の中には会社に入ることなく、
そのまま起業する人がいます。

 

これに関しては、賛成する人と
反対する人がやはりいるわけです。

 

 

賛成する人は会社なんて行かなくても、
起業はできるし、稼げるから必要ないという考え方。

 

反対する人は、会社でビジネスマナーとか
教育を受けてない人に何ができるのか?
という考え方です。

 

 

 

どちらも正論を言っているような気がします。

 

でも、そもそも起業する人に対して、
会社のマナーや教育が役に立つ
と思っている方が間違っていると
わたしは考えています。

 

 

だって、教育というものの
基本的な考え方が全く違うからです。

 

会社の教育は、会社のために行うもので、
起業をするためのものではありません。

 

会社から離れて見れば分かることですが、
会社の教育で起業に役に立つものがあるのか?
と聞かれても正直ありません。

 

 

 

例えば、起業している人と話をすると、
会社でのビジネスマナーとは
違うマナーがあるわけです。

 

またビジネスマナー以前に、
その人自身の人間性のほうが大切になります。

 

そして、会社員とは違う話ができるのか?
ということも大切です。

 

 

それに会社にいる人が、
ビジネスマナーが良いかといえば、
そういうわけではないじゃないですか。

 

最低限のマナーも守れない人はたくさんいます。

 

正直、ビジネスマナーよりも
その人の人間性が問題になります。

 

 

それに集客方法を教えてくれるわけではないし、
インターネットで人を集める方法を
教えてくれるわけでもない。

 

情報の扱い方や見方を教えてくれるわけではないし、
起業家としてのものの見方を教えてくれるわけでもない。

 

 

唯一起業する時に助かるのは、
よっぽどの専門知識を持っている
場合だけでしょう。

 

それも、あくまでも起業の第一ステップで
使用するくらいだと思いますが。

 

 

そう考えると起業を考えている人にとって
会社が唯一役に立つことと言えば、
起業資金を貯めるくらいです。

 

それも、ネットビジネスなら要りません。

 

 

 

だいたい起業する人は、自分でお金を出して、
会社員以上に学んでいますよ。

 

本も沢山読んでいます。

 

そして会社員よりも情報に対する
アンテナがものすごく高いです。

 

 

なにより、会社よりも遥かに質の高い、
マナー講座や、コミュニケーション講座を
自分で探して受講しています。

 

 

会社員の人は探していないから知らないだけです。

 

 

少なくとも、会社での教育のほうが
いいということはありません。

 

それは、今みたいに情報がなかった
30年前くらいの考え方です。

 

 

 

でも、ここまでの話から、逆に
起業なんかしないで会社に入ったほうが
いい人というのも分かってきます。

 

 

まず、人としての最低限のマナーが
できていない人は会社に
入ったほうがいいでしょう。

 

人としては嫌われても、
会社の看板で許される可能性があります(笑)

 

 

そして、自分で必要なことを
自主的に学ぶ気がなければ、会社です。

 

そもそも、そんな人は起業できないでしょうし。

 

 

いろいろ書いてきましたが、今の時代、
起業するのに会社に行かなくてもいいわけです。

 

正直、わたしも必要な知識は自分で
お金を出して、会社以外で学んでいます。

 

 

ただ、勘違いしないでほしいのは、
成功するかどうかは別だということです。

 

 

 

まあ、起業しない人であっても、一度は
自分の会社の教育について考えてみてください。

 

会社が潰れたときに、役に立つ教育か?って。

 

それがもし、会社以外に役に立たないなら、
自分で勉強を始めるべきです。

 

 

そしてビジネスマナーやコミュニケーションも
自分でお金を出して学びましょう。

 

多くの人は、ちゃんとしたビジネスマナー、
コミュニケーションを知らないので、
それだけで一歩も二歩も先を行くことができますよ。

 

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください