『自分を受け入れる』ことは、かなり難しい

  • 「できない自分を受け入れる」
  • 「幸せでない自分を受け入れる」
  • 「お金のない自分を受け入れる」
  • 「今の自分のすべてを受け入れる」

 

この言葉を聞いて、ホッとする人もいるかもしれません。

ホッとするいうことは、今のままの自分でいいんだ、できなくてもいいんだ、という部分だけを見てませんか?

 

でも『自分を受け入れる』って、苦しさから抜け出す、不安から抜け出すことではないんです

 

 

インターネットを見ていると、自分を受け入れることができれば楽になることができる、というニュアンスで使われていることが本当に多いと思います。

まあ、そのほうが大衆受けするから書いているという人が、結構いるから仕方がないのですが。

 

でも『今の自分を受け入れる』っていうのは、魔法の言葉ではないことに、気づいてほしいのです。

実際は、どんな人も、苦しい、不安、どうしたら良いかわからないって時は、そんなに簡単に自分を受け入れることができません

 

だって、『自分を受け入れている人』というのは、

  • 自分ですべて責任を持つ。
  • 今の自分自身をどうやって変えていこうか、真剣に考える。
  • 自分を変えるために、行動を続けていく。

この全てをやっている人だからです。

 

 

例えば、ブログを書き続けることができない場合、まずはブログが書けないことを素直に認めてしまうのです。

書けない自分がダメだとか、そういう問題ではなくて、客観的にブログを書けない自分がいることを認識するんです。

 

ほとんどの人は、ここまでで『できない自分を受け入れた』と思ってしまうから、先に進めないんです

ここまでは、単に認識しただけで、何も始まっていません。

 

だから、自分は受け入れたのに、どうしてこの苦しさから抜け出せないの?って、多くの人は思って悩んでしまいます。

 

でも、自分の問題を認識しただけなのに、問題が解決しないのは、普通に当たり前のことですよね。

テストだったら、『答案用紙が目の前にある』ということを認識しただけで、鉛筆すら持っていない状態に近いかと。

 

 

そして、ブログが書けない事実を認識した後に、『ブログが書けないのは自分の問題であり、責任である』と自覚して、初めて『できない自分を受け入れた』ということができるのです

この時、どんな外的要因があっても、自分の問題であると受け入れることが大切なんです。

 

それは、ブログを書けないのが自分以外の問題、例えば『会社の上司』にしてしまうと、問題を解決できなくなるからです。

コントロールできない、上司を原因に据えた時点で、ブログを書けないということが、自分にはどうすることもできない問題になってしまいます。

 

だから、ブログを書けないという問題がものすごく苦しいものになって、『どうしたら良いんでしょう』って相談することになるのです。

 

でも、自分に責任がある問題であると考えると、外的要因があっても、それは無視できるんです

そして、自分ができることを全力で取り組むから、現実もどんどん変わって、さらに行動を続けていくことができる、という好循環が生まれます。

 

 

もしかして、あなたは、問題を自分の責任だと受け入れてしまうと、余計に大変になるって考えていませんか?

 

でも、実際は『受け入れて、できることをやる』、これが現実的にいちばん楽で問題も早く解決するんです。

だから、『できないことを受け入れる』ほうがいいと、本質がわかっている成功者は言っているのです。

 

 

でも、実際にこれをしっかりとやるのって、めちゃくちゃ大変です。

 

言葉では、

自分の責任です。

これから、真剣に向き合って全力でやっていきます。

って言うことはできるんです。

 

というか、こんな言葉を腐るほど聞いているじゃないかと思います。

 

でも、実際にできている人は、それほど多くないんですよね

 

 

わたしは、小学校から、病気など何かと受け入れるしかない状況を経験してきて、人よりは受け入れる力はあると思っていました

でも、本当に『自分を受け入れる』という感覚がわかってきたのは、最近のことです。

 

そして、今までは全然責任を持てていなかったことが分かりました

だから、もちろん行動もできない。

 

今までは、いろいろな現実がやってきても、ただ驚かなかっただけという感じです。

これも本気で、自分の現実を変えて、人生を変えようと思ったから分かったことですが。

 

こういうことに気づくたびに、人というのは、自分自身で経験しないと本当に何も理解できないものなんだとつくづく感じます。

 

 

今は何かと『自分を受け入れましょう』って言われてます。

 

でも、ほとんどの人は、なんとなく『自分を受け入れる』ってこういうことだろうと考えてやっているから、全然進んでいないんじゃないかな。

みんな『自分を受け入れる』って本当はどういうことか知らないから、思考が止まってしまっていると思うんです。

 

だから、『自分を受け入れる』というのは『自分で責任を持つ』と考えてみたらいいんです。

 

 

こうやって言われると、なんか大変そうに感じるかもしれません。

でも、『自分で責任を持つ』ことができれば、その後はどんどん行動ができて、人生が良い方向に向かっていく可能性が高くなります。

 

例え、その行動が失敗だとしても、貴重な経験がたくさんできます

そうしたら、思考停止で何も動けかなかった人よりも、何倍も人間的に成長できて、魅力的な人になれると、わたしは思っているのですが

あなたはどう思いますか?

 

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください