会社をやめて実感した、他社の人との付き合い方の大切さ

会社にいるときのお付き合いは、
会社の名前があるからできている
と言われますよね。

 

確かにそのとおりだと思います。

 

会社の肩書がなくなったときに、
実力が本物です。

 

 

でも、その実力って、その人の
技量だけではありません。

 

会社員時代にお付き合いがあった人に
好かれているのか?嫌わているのか?
というのも、その人の大きな実力だと
わたしは考えています。

 

 

会社にいるときのお付き合いは、
会社同士の付き合いだから
個人的なお付き合いをする必要は
もちろんあります、

 

でも、会社同士と言っても、
実際にお付き合いするのは
やっぱり人間同士です。

 

 

それを忘れてしまう人が多いから、
会社をやめたら人間関係が
全くなくなったなんて話が
出てくるのかもしれません。

 

 

 

わたしは退職して今実感していることは、
会社員の時に人としての付き合いを
しっかりとしてきて本当によかった
ということです。

 

それは、会社員時代からお付き合いのあった方に
いろいろと相談に乗ってもらい、
ものすごく懇意にしてもらっているからです。

 

 

内容は話せませんが、会社員時代よりも
いろいろと優遇してもらっています。

 

なんの肩書もない一個人に対して、
何かと優遇してくれるということは、
普通はありえません。

 

 

 

どうしてそういう人間関係を築けたか
というと、わたしは社外の人との付き合いで
2つのことを気をつけていたからだと思っています。

 

 

1つ目は”怒らなかった”こと。

2つ目は「ギブ・アンド・テイク」をしっかりと実践する。

 

 

 

 

まず、わたしは、お付き合いのあった
外注や販売店に対して、怒ったことは
一度もありませんでした。

 

逆にあまりに怒らないので、いっとき
怖がられたこともありますが(笑)

 

 

もちろん、何かあってもニコニコ
していたわけではありませんよ。

 

 

怒る前に、相手の話をしっかりと
聞くということをしていたのです。

まあ、自分に非がある場合もありますので。

 

 

 

会社では、怒ったり、問い詰めたり、
無茶を言ったりする人はいましたが、
そういう人の多くはやはり相手から
敬遠されがちです。

 

そういうのを見ていると
デメリットの方が大きいと、
わたしは感じてしまいます。

 

 

 

特に、情報収集をしたりするときは、
本当にデメリットしかありません。

 

相手が怒られると思ってしまったら、
大切な情報が聞き出せないことになるからです。

 

 

だいたい、問題になることって、
思い違いだったり、話したくないミス
だったりするわけですよね。

 

そして、そんな話したくないことを
聞き出すことができないと、
いつまでたっても、問題が解決しません。

 

 

わたしにとっては、社外の人こそ、
何かあったとき、すぐに連絡を
くれる状態がベスト
なわけです。

 

 

例えば、問題が発生した時に、
すぐに知らせてくれれば対応策
を考える時間もあります。

 

「できないことは、できない」と
ハッキリ教えてくれたほうが、
代替え案を考える時間があります。

 

 

もしかしたら、もっといい情報を
手に入れることができるかもしれません。

 

 

 

よく「なんで、そんなことできないんだ」
と怒っている人がいますが、怒ったって
「できないものはできない」んです。

 

それよりも、しっかりとできない理由を話してもらい、
他に案がないか一緒に考えてもらったほうが
よっぽど生産的だと思うのですが。

 

あなたはどうでしょう?

 

 

 

 

そして、2つ目の「ギブ・アンド・テイク」です。

 

「ギブ・アンド・テイク」は大切
と多くの人が言っています。

 

でも、今の会社って、圧倒的に
”テイク”を考えていますよね。

 

  • 見積もりを取れば、相手が困るほどの値引きを求める
  • 契約以上の仕事をやらせようとする
  • 無茶な要件を要求する

 

 

 

まあ、会社は慈善事業ではないので、
当たり前と思っている人もいるでしょう。

 

 

でも実際の交渉や対応は人が行っています。

 

そうするとどういうことが起こると思います?

 

 

嫌われるのは会社ではなく、
「あの担当者」が大嫌い
となるわけです。

 

要するに、「〇〇会社が嫌い」ではなくて
「〇〇さんが嫌い」なんです。

 

 

付き合いが始まるのは、
「〇〇会社」だからなんですけどね。

 

 

 

だから、会社が”テイク”ばかりを追って
人を大切にしなくなっている今、
働いている人が生き延びるには、
会社の命令だからだけではダメなんです。

 

自分という個人として、どれだけ
”ギブ”ができるかということを
考えていかないと。

 

 

「ギブ・アンド・テイク」と言われるように、
”ギブ”するから”テイク”あるわけなので。

 

 

 

 

わたしの知っている範囲では
「怒らない」、「ギブする」
ということができている人は、
いつも誰かから声がかかります。

 

まあ、中にはいいように使われて
しまっている人もいますが(笑)

 

 

でも、会社の肩書がなくなった瞬間に
誰からも見向きもされなくなって
しまうよりは幸せだと思います。

 

 

 

誰もが会社の肩書がなくなる日
というものはやってきます。

 

そうなった時に、1社でも
個人的なつながりがあれば、
全然違う未来を描くことができます。

 

実際に、わたしは、会社員時代から
自分の知識を活かしてやってみたい
と思っていたことが、退職後も
お付き合いがある会社によって
現実になろうとしています。

 

 

もし、その会社の方と個人的な
お付き合いがなかったら、

もし「安海さんのためなら」と
言ってもらえなかったら

全く違う人生を選択したでしょう。

 

 

とにかく、会社同士のお付き合いであっても、
自分の将来を真剣に考えるのであれば、
相手とどれだけ良好な人間関係を築くことが
できるのかが大切
になります。

 

 

これからは会社員のまま、
副業、兼業、起業するのが
当たり前となっていく時代です。

 

そんな時代に会社の肩書でしか
人間関係を築けない人は、
圧倒的に不利になるでしょう。

 

 

 

別にいい人になれ、
というわけではありません。

 

でも、あの人は嫌いだと言われないように
気をつけるようにする必要はあるのです。

 

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください