人生に対する責任の持ち方

責任感が強いとは、

『自分の決めたことをしっかりとやり切ること意思が強い』

と言って間違いはないでしょう。

 

そして多くの人は仕事だったら『責任感を持つ』のは当たり前のことと思っているかもしれません。

でも、わたしは、会社での仕事は【責任感】とは言わないと最近思ったりします。

 

会社員だったら、お金をもらっているのだから、自分のパフォーマンスを発揮するのは普通です。

そもそも、自分の労力を提供してお金をもらっているのに、働かないのは論外です。

わたしが、本当に責任感があると考えるのは会社の仕事は関係ありません。

 

自分で意識的にはじめたことを、最後まで諦めずに続けること。

 

こういう人は、なかなかいません。

趣味ですら三日坊主で続かない人から多いのだから。

自分がやると決めて始めたものを、続けていくのがどれだけ大変か、実感している人も多いと思います。

 

これが、自分の人生を変えることになると、さらに大変です。

そもそも、今後10年間の自分の人生設計を真剣に考えている人が少ないと思います。

 

たとえ、自分の人生設計をしたとしても、忙しいとか、やる気がないとか言って、行動を続ける人はほとんどいません

自分の人生になのに、自分で責任を持つことができてないのです。

 

残念だけど、自分自身のことを真剣に考えることもせず、自分の人生に責任を持てない人が、何かを成し遂げることはできません

 

ほとんどの人は、自分のことをなのに他人任せの状態です。

会社にいれば暮らしていける、日本にいる限りは問題ない、いざとなったら国が助けてくれる。

何一つ、自分でなんとかしようという気がありません

 

もちろん、自分の人生を変えたいと行動を始める人もいます。

ネットビジネスを始める人は、そんな人たちでしょう。

 

でも、ほとんどの人は、かならず逃げ道があります。

わたしも、逃げ道が心のどこかにはあります

 

普通に会社員で「わたしは全ての退路を断ってネットビジネスをやっています」なんていうのは、ウソでしかありません。

 

たって、ネットビジネスをやらなくても、暮らしていけるから

失敗しても、暮らしていけから

 

それなのに、多くの人は『人生をかけて取り組みます』と簡単に言ってしまいます。

そして、始めてみたら「仕事が忙しい」とか「モチベーションが」とか言ってやらなかったり、やめてしまったりします。

実は以前のわたしも、言っていました(笑)

 

でも、これって自分の人生を、いや自分自身をすごく軽く扱っていることになるいるのはよく考えれば分かることです。

だって、自分自身を変えようと、そして自分の人生を変えようと、それなりのお金と二度と戻ってこない時間を使っているのに、そのお金と時間に対して一切の責任を持っていないじゃないですか。

 

別にネットビジネスだけじゃ、ありません。

自己啓発やスピリチュアルなどでも同じです。

自己啓発やスピリチュアルは逃げ道だらけなので、みんなちゃんと使って自分を変えていくことができないのです。

 

だから、自分の人生に責任を持つには、まずは人生には逃げ道が必ずあると自覚するが大切です。

わたしも、「今、逃げを考えていた」と思うときが毎日あります

心がめちゃくちゃ弱いので。

 

でも、いつもその後思うようにしています。

「この逃げのこころは駄目だ!」

 

 

最終的に、逃げ道を使わないように行動し続ける力を持っている人が、『自分の人生に責任を持てる人』だと言えます。

 

もちろん行動を続けるための方法論というものは、世の中に腐るほどあります。

そして方法論だけでは、行動できないということは、みんな気がついています。

 

でも、本当に『自分の人生に責任を持つ覚悟』ができれば、行動することはそれほど難しいことではありません

その行動が、自分の人生をより良くしてくれると信じることができるからです。

そして、行動することで本当に自分の人生が良くなると信じることができると、今度は日常生活で起る全てのこと、全ての経験が学びになります。

 

まずは、自分の人生を自分が変えていくにはどうしたらいいのか?ということを真面目に考えて見てはどうでしょうか。

それだけでも、受け身で人生を送ってきた人は、大きな気付きがあると思います。

 

⇒おすすめ記事一覧

⇒ブログ記事一覧はこちらから

 

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください