五感を使っての経験が人生を豊かにしていく

インスタなどで「いいね!」欲しさに集まる人の行動が問題になっていますね。

ネット上で少しでも話題になると、バスツアーで大挙して人が訪れ、好き勝手やっていくそうです。

静かな場所が失われ、マナーがない人たちの行動によって地元に人たちが困るということが、いろいろなところで起こっています。

その場所を実際に訪れるということは、決して悪いことではありませんが、みんな大切なことを忘れているのでとものすごく思います。

 

写真を撮ることだけに精一杯の人たち

観光地と言われる場所に行くと、スマホで写真を撮りまくっている人がいます。

別に撮影禁止でない部分で、写真を撮ること自体は問題ないし、個人的に何か被害を受けているわけではないので、どうのこうの言うつもりはありません。

すでにネット上に山のようにあるのと同じ写真をとって「いいね!」をとることに情熱を燃やすのもいいでしょう。

 

でも、せっかく素晴らしい場所に行っているにも関わらず、心はどのように写真を撮ったら「いいね!」がもらえるか、もしくは、友達がどんな反応をしてくれるのか。

そんなことしか考えていない人は本当に損な人生を送っているなと思うだけです。

 

その場所が有名になっているのは、いい写真が撮れるからだけではないはずです。

そこに流れる空気、時間、音などが合わさって素晴らしいのです。

そのすばらしさを感じることなく、コメントも「〇〇に行ってきました!」のみ。

 

写真や動画を見ているのと何一つ変わらない経験しかしていないのに気づいているのでしょうか

 

「いいね!」のために大切なことを捨てる人

写真の個性を出すために行き着いた先が、マナー違反の横行です。

写真は「いいね」をもらったかもしれませんが、人としては品格を失っています。

今の時代品格なんて古いと思う人もいるかもしれませんが、わたしは今も大切なことだと思っています。

 

その場所に住んでいる人や管理している人が困っているとニュースが流れているにも関わらず、写真だけを撮りにいく。

その行為は「わたしは自分の欲望のためなら他人がどうなってもいいと考えている人です」、と自ら宣言していることになります

また本人はそう思ってなくても、周りからは人格が疑われるような行為をしている人と同じ人種と思われていることがわかっていないのです。

 

「わたしはマナーを守っている」と言っても他人から見たら同じ迷惑な人に映ります

結局は負のエネルギーを自ら取り込みに行っていることになってしまうのです。

その様な人には、同じような人しか寄ってきません。

 

素晴らしい人生のチャンスをくれる人は、他人の迷惑を考えず流行っているところに出かけていくような人を積極的に排除します

それは、人生の質を落とすような人とは付き合って自分の品格を落とさないためです。

成功するためには、付き合う人というのがものすごく大切なファクターになります。

 

すでに「若気の至り」が通じない世の中になっている

よく「若気の至り」だからという人がいますが、それはインターネットの無かった時代に本人が笑い話として言うから笑えるのです

なぜなら、そこには本人が脚色を加えて面白い話にする余地があったからです。

 

しかし、インターネット上にアップされた不愉快なものは、年齢に関係なく多くの人にとって不愉快なものであり、この人とは絶対に関わりたくないと思わせるだけの力があります

 

もちろん、仙人や神様のように生きることなんてできませんし、他人に迷惑をかけることもあるし、不可抗力もあります。

また、大抵のことはごく一部の人を除いて忘れ去られていきます。

 

しかし、インターネット上に載った瞬間に、その場所にいなかった人、全く関係ない人まで知れ渡り、ずっと忘れ去られることがないということは覚えておかなくてはいけません

自分が発信しなくても、問題となっている観光地のニュースで、ふざけてインタビューに答えたらどうなるでしょう?

そういうことも考える必要があります。

 

せっかく生きているなら五感を使って楽しもう

わたしは一人で旅行するときは基本的には写真は撮りません。

また、一般的に観光地と言われる場所は行かないし、行くとしても人がいない時期や平日を選びます。

観光地で唯一行くのは、伊勢神宮くらいでしょうか。

 

なぜなら五感を使って場所を楽しむことができないからです。

その場の空気、匂い、聞こえる音など、その場のでしか味わえないものがたくさんあります。

そこの空気感や流れる時間の感覚を楽しむのが一番好きなのです。

 

観光地ではその場所で、五感で感じることができるものが非常に少ないのです。

人がたくさんいることによって、人の雰囲気しか感じない、品なく笑う声しか聞こえない、そしてその場の匂いも感じることができない。

 

ほとんどの人は日常と違う場所にきたのに、日常の話しかしていません。

結局多くの人はその場所に行っても、その場所の経験をしていないのです

 

経験とは、体の五感を半分以上使ってするものです。

そしてほとんどの人がその大切な五感を使用していないため、今という大切な時を生きていないのです。

せっかく今という現実を楽しむために、この体を持っているにもかかわらず。

 

もう少し、五感を積極的に使う経験をしませんか?

 

日常生活ですぐにできることです。

やってみるとわかりますが、普段いかに自分の感覚をないがしろして生活しているかがよくわかります。

 

五感を使って生活をしてみると、日常に新たな発見があるとともに、今までなんとも思っていなかったことが素晴らしい経験のひとつだということに気が付くことができます

普段の小さな変化に気が付くことができるようになるのです。

そうやって、自分の経験を増やしていくことが人生を豊かにするし、今まで見ることができなかった世界を見ることができ、今まで思いもしなかった人生を歩むことができるのです。

 

⇒おすすめ記事一覧

⇒ブログ記事一覧はこちらから

 

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください