人生における仕事の優先順位を下げることはできないのは、人生で何を手に入れたいか真剣に考えてないから

人生の中で仕事の優先順位を下げたいと考えている人は沢山います。

 

日々、朝早くに会社に行って、夜遅く帰ってくる。

そして、休日は疲れているため何もやる気にならない。

そんな状態では、自分の人生の中で仕事ってなんだろう
と考えるのは普通のことだし、正常だと思います。

 

40代の中にはずっと仕事を優先してきて、
人生を送ってきていたという人も思います。

 

そのような状況で、
いきなり人生の中での仕事の優先順位について考えても悩むだけです。

私も25年近く仕事の優先順位を高いところに設定していたので、
最初は自分はどうしたいのかさえ分かりませんでした。

 

 

しかし、コロナ禍によって会社と仕事を最優先にしてきていた人は、
人生を考え直す必要が出てきています。

もちろん苦しいことですが、違う見方をすればものすごいチャンスです。

 

働き方に大きな変化があった今だからこそ考えてもらいたいことがあります。

コロナ禍でよりいっそう見直される人生における仕事の優先順位

コロナは、人の生命を脅かす以上に、
社会にものすごく大きな影響を与えましたね。

ソーシャルディスタンスなんて言葉ができるくらいに、
お互いに距離をとって過ごさなくてはいけなくなりましたし。

 

会社もテレワークにして、出社はしないと決めたところもありますし、
テレワークができない会社は出社時間をずらすなど行ったところもあります。

 

そんな中、働き方の自由に気がついた人の中には、
田舎に引っ越して仕事をするという選択をした人もいます

また、仕事が休みになったのを期に新しいことにチャレンジした人も。

 

多くの人がコロナ禍で人生における仕事の優先順位を見直したとは考えませんが、
でも今までに比べれば、多くの人が人は行動しているわけです。

 

 

コロナがいつ終わるか分からない状況というのは、
十分に自分のこれからの人生を考える切っ掛けになったことは確かです。

 

自分にとって会社で働くこととはどんな意味があるのか?

 

 

今は、働く方法というのはいくらでもあります

 

インターネットとアイディアで新しい仕事を生み出している人が沢山いますし。

まあ、アイディアがなくてもパソコン1台で会社員以上のお金を稼ぐことはできます。

 

だからこそ、会社員として今の仕事を続けることがどんな意味があるのかを考えることが大切です。

どんな人でも、いきなり人生における仕事の優先順位なんて分かりませんから。

 

  • 何のためにこの会社で働いているのか?
  • 何のために嫌な思いをしてまで仕事をしているのか?
  • 会社で仕事をすることでどのようなメリットがあるのか?
  • 会社で仕事をすることでどのようなデメリットがあるのか?
  • 人生で仕事の優先順位を高くしているのはどうしてか?

 

わたしは持病もあったため、ずっと会社で働いていることが
自分にとって大きなメリットだと考えていました

そして、そのメリットをより大きくするために
仕事の優先順を一番にしていました。

 

しかし、45歳になる前に自分の状況が変わりました。

それはプライベートでもそうですし、仕事に関してもです。

 

その中で体調が優れないことが多くなり、
真剣に「何のために会社で働いているのか?」と考えました。

 

そのときに考えたことが、仕事の優先順位を落とそうということです。

 

そして、アフィリエイト教材を購入して、勉強をはじめました。

会社員が人生で仕事の優先順位を上にするのは普通のこと

わたしはアフィリエイトの教材を購入したことをきっかけに、
いろいろなことを勉強し、自分の人生を考え続けました。

そして、会社を退職するという決断をしたわけです。

 

でも正直、病気でなければ、間違いなく定年まで働いていたと思います

 

正直、楽ですし、安心感はありますし、社会保障もそこそこありますし。

仕事に対するパフォーマンスが落ちても、毎月同じ額の給料が支払われるわけです。

 

そして、もう一つ大きなことは『人生における仕事の優先順位』を、
それほど真剣に考えなくてもいいというのがあります。

 

会社での仕事を人生における優先順位の上にしておけば、
色々と煩わしいことから開放されるんですよね。

どうしてかと言えば、「会社だから」といえばいいので。

 

だから自然と会社の仕事が人生のなかで優先順位が一番になります。

これは現在、短時間でも契約社員として会社に行くようになって改めて感じています。

 

確かに、人生は変わらないけど、
自分で色々とやっていることを思うと楽だな~と(笑)

 

 

だから、人生における仕事の優先順位を変えたいと思っても変えられないんです。

ほとんどの人は。

 

しかも、ものすごくエネルギーがいるんです、
人生において会社の仕事の優先順位を下げるのって

 

場合によっては、転職を考えないといけないし、
ビジネスを始めるなら仕事をしていない時間を全て勉強や作業に当てないといけませんから。

ある程度の期間は、テレビを見てる時間もないし、好きなことをする時間もありません。

 

そう考えると、自分の人生を真剣に考えるのはやめて、
会社での仕事の優先順位を一番にしておく、というのが普通なんです。

会社は、社員を守ることへの優先順位をどんどん落としている

しかし、会社は今のままの給与体系で、
社員を守っていくことができなくなってきています

なぜなら、物が売れないなか頑張ってきたところにコロナ禍です。

 

会社自身を守るのに必死なのです。

 

給与体系の見直し、成果主義の導入、時短就業、複業解禁などなど、
社員に自分の力で生き抜いてくださいと言っているようなものです。

 

実際にオフィスにしばられない、従来の考え方にしばられない会社は
どんどん複業を進めています。

 

大体は、社員に自由な働き方をしてもらうなどと、
素晴らしいことのように言っています。

でも実際は、会社が社員の人生を
背負うことができなくなってきているということです。

 

全員の面倒を最後まで見ていたら、多
くの会社は世界の中の競争力に勝てないのが現実だということですね。

 

 

現状は、社員の多くが不安になって会社を頼よろうとして、
会社は社員に自立を促している

なので現状は、色々とチグハグな状態になっていますよね。

 

 

いくつかの会社は、給与体系を大きく変える発表や
本当に欲しい人材にのみ高い給料を出す仕組みを発表しています。

それに対して、働いている人は「生活していけない」と叫んでいます。

 

でも現実がものすごく改善するというのは考えられないので、
会社員も自ら考えなくてはいけないところまできているのです。

これからのより厳しい成果主義に対して、どのような人生設計をするのか

リーマンショック後に、欧米にならって成果主義を導入しよう
という動きが大企業を中心にありました。

ただ、その当時は会社もまだまだ体力があったこと。

そして、どうやって成果を客観的に判断するのか?という問題があったため、
年功序列制度+成果主義」に落ち着いた会社が多かったようです。

 

そこから、段階的に職種を選んで
給与体系を完全な成果主義にしてきたところが多くあります。

なので、多少給与体系が変わったとしても、多くの人が
子供が一番お金のかかる時期に、それなりの給与をもらえるようにはなっていたわけです。

 

 

でも、今回は状況が急激に変わり、そして急激に悪くなってしまいました。

また、テレワークという違う働き方が一気に広がって
仕事の評価の仕方も変わりつつあります

 

それによって、今まで我慢してきた企業も耐えられずに、
完全な成果主義の給与体系に移すところが多くなってきました。

今後は、一部の専門分野に特化した人が多く給料をもらい、
他の人は全体的に下る可能性が高いです。

 

 

もちろん、すでに完全な成果主義の会社もありますし、
当分は年功序列のままでいく会社もあるでしょう。

 

でも、少なくともこの流れは変えられないことは、
しっかりと理解しておく必要があります

 

だから、人生の中で仕事の優先順位を真面目に考えるためには、

  • この流れのなかで頑張っていくのか?
  • この流れから外れて他の方法を探すのか?

どちらかにするのかを自分自身で決める必要があります

 

正直、正社員をやめるのは不安があるから、
今のままでプライベートを充実したいということは難しいです。

人生における仕事の優先順位は現実と理想で乖離が起こるもの

人生における仕事の優先順位は現実と理想で乖離が起こるもの

こういう現状で人生における仕事の優先順位を
どうするのかというのことを考えていかなくてはいけません。

 

いちばんいいのは、会社と一定の距離を取って、
自分の決めた人生の優先順位にしたがって行動していく

なのですが、そんなことができる人が
このブログを読んでいるとは思えません(笑)

 

じゃあ、会社から離れることができない人はどうしたらいいのか?

 

 

そもそも、会社の給与で生活を全てしている間は、
仕事が最優先になるのは仕方がないです。

 

これは、誰だってそうです。

 

だって、家族全員の生活もかかっているし、
老後の資金だって給料から貯蓄しないといけません。

子供がいれば、教育費だってかかります。

それを会社からの給与だけに全て頼っています。

 

そんな中で、現実的に仕事の優先順位を下げることはできません

だから、人生の優先順位のトップが仕事だという現実は変えられません

 

変えることができた人は、他に会社の給料以上の収入源がある、
もしくはすぐに収入源を作れるアイディアのある人です。

 

 

他に収入がないのであれば、まずは現実を受け入れることが大切です。

 

その上で、自分の理想とする人生の優先順位というものを必死に考えるんです。

 

もちろん、現実と理想に大きなギャップが生まれますが、それもひとまず受け入る。

そうしないと、ただただ働くのが嫌になるし、人生が楽しくなくなってしまいます。

 

特に理想の人生を考え始めるたとき、現実と比較してしまうと絶望を味わってしまいますよ。

 

絶対に。

どんな人生を送りたいのか決まらないと仕事の優先順位は分からない

どんな人生を送りたいのか決まらないと仕事の優先順位は分からない

多くの人が人生での仕事の優先順位を、
今現在の自分の望みや欲望などから考えようとします

 

今の趣味や、やりたいことなどを仕事を比較して、
じゃあ趣味を一番にしたいなとか、仕事は4番目くらいにしたいなどと。

 

でも、自分の現状を満足させるために決めた優先順位は何の役にも立ちません

もし何か突発的なこと、例えば新しいやりたいことができたときに、
それまでに決めた優先順位は何も意味がなくなってしまうからです。

 

そもそも、人生の優先順位を決めようとしているのに、
趣味と仕事を比較している時点でおかしいのは、冷静に考えれば分かりますよね。

 

仕事は、あなたの人生に直結しています。

 

だから、どんな人生を歩みたいか決まらないと、
どの程度仕事を優先させるか、全く決めることができません

私も、自分が今後どのような人生を歩んでいきたいか
真剣に考えたあとにじゃあ仕事をどうしようか?と考えることができました。

 

 

でも多くの人が仕事を中心にして、人生の優先順位を考えています

仕事の優先順位を下げたいから考えているのに、
仕事を中心に考えるのって矛盾してますよね(笑)

 

  • こういう人生を送るためには、仕事はこのようなポジションになる。
  • こういう生活が理想だから、仕事はこの優先順位でいいだろう。

本当はこういう感じで決まっていきます。

 

だから、人生の優先順位を決めることも大切になってきます

人生の優先順位の決め方は、以前は書いた記事で話をしています。

結局、人生の優先順位のトップは仕事になる?

会社をやめて、自分でビジネスをやるようになって分かったことは、
結局は仕事が人生の優先順位のトップになっているなということ。

特に、家で仕事をしているとプライベートとの境がなくなるため、
常に仕事のことを考えていたりします。

 

もしかしたら、ものすごく稼げるようになって、
投資の利益だけで食べていけるようになれば変わるかもしれませが。

 

でも、どれだけ稼いでいる人も常にビジネスのことを考えているので、
お金が必要な間は仕事が優先順位のトップになるんでしょう

 

 

でも会社員と大きく違うのは、必要なときに優先順位を下げることができるということ。

自由自在に仕事の優先順位を動かせるというメリットは本当に大きと感じています。

 

 

結局、どちらも経験してみた今の私は、人生における仕事の優先順位を決めてません

どう決めても仕事の優先順位が高くなることのほうが多いので
優先順位を決めるのはやめました。

 

その代わり、どういう働き方をするのか?ということを真剣に考えています

 

 

私が考えているのは、生活には安定感がほしい、
だけど自由な時間も多少は持ちたいということ。

ではどうするか?

 

 

そのために、今は契約社員として5時間ほど働いて、
その他の時間は自分のビジネスをしたりしています。

 

会社は、4人しかいませんが厚生年金もあるし、
失業保険もあるから、フリーランスよりは色々と安定しています。

持病のことも理解してくれて、病院の日などは融通も利かせてくれますし。

 

なにより、自分が前職にいたときから
興味があった専門分野の仕事なので働くのが楽しいですし。

あっという間に、会社にいる時間が過ぎていきます。

 

まあ大企業にはかないませんが、まず安定性は手に入れたわけです。

 

まだ、これからですしこの会社にどのくらいお世話になるかも分かりません。

今選んだ道がベストな働き方かといえば、違うかもしれませんが
でもベターな方には進んでいます

人生で何を手に入れたいのか?仕事を考えるときに最も大切

正社員から退職、完全自営業、そして契約社員として再就職して
複業状態の今になって、強く感じることがあります。

 

それは、人生で何を手に入れたいのかで、
仕事に対する向き合い方が全然変わるということです。

 

今思えば、前職の会社員時代のときは、そのことが全くわかっていませんでした。

自分では結構考えたつもりだったんですけどね。

 

だから、退職するときはお金を稼いで
自由に暮らしたいということしか考えていませんでした。

 

でも人生って、それだけじゃくて色々な問題が絡んできます。

暮らしぶりもそうですし、自分が幸せの感じる時間とかいろいろです。

 

実はわたしが会社を辞めて一番良かったと思っていることがあります。

それは、自由な時間を持てたことによって、
自分が最も集中できるものは何なのか?ということが分かったことです。

 

楽しいこと、のんびりすること、もいいのですが、
集中して取り組めるもがあるというのが一番充実を感じるんですよね。

人生で集中できる時間が一番楽しい自分がいました。

 

で、結局何をしているときが一番集中して充実していたかというと仕事でした。

 

それなら別に会社で働いてもいいじゃんと考えたわけです。

でも、前職みたいに苦しい思いをしてまで働きたくなかったので
労働時間が少ない契約社員ということになりましたが。

 

結局は人生で何を手に入れたいかが分かれば、
自ずと人生の中での仕事の優先順位なんて決まってくるんです

 

でも、会社員でいる間は、自分が人生で何を手にしたいか、
考えている余裕もないし、時間もないですよね。

それなのに、仕事の優先順位だけを
一生懸命決めようとするから訳が分からなくなるわけです。

 

だから、人生における仕事の優先順位にあれこれ悩む前に、
自分の理想とする人生について思いを巡らしてみてはどうでしょうか

 

そのほうが絶対に面白いですしね。

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください