人生が動き出す(思いこみで人生を作る)

少し前のことですが、職場で自分が一人でやっていた仕事を他の人に任せるということになりました。

私は2足のわらじみたいな仕事をしていたのですが、上司がやってもらいたい業務が忙しくなってきて、両方をこなすことが困難になってきていました。

 

この時、以前のわたしなら感じることが無かった感情が湧いてきたことに気が付きました。

これは、自分でもものすごく意外で本当に驚きました。

そこでその感情についてと、物事のとらえ方によって人生が変わっていくんだということを書いていきます。

 

それなりに自負のあった仕事

今回他人に任せることになった仕事は、6年ほど前に会社がリストラを行ったときに、わたしに回ってきたものでした。内容は所属部署のパソコン管理です。

今もそうですが、わたしのいる会社は引つぎということを全く考えない会社で、当時も前任者からの引つぎがほとんどできませんでした。

 

しかも、蓋を開けてみたら資料もない状態。

最初の1年ほどは問題があれば自分で調べたり、サポートに電話を掛けたりしていました。

部署の仕事が丸1日止まって胃が痛い思いをしたこともあります。

 

周りに頼る人もいなかったため自費でいろいろな本を買って情報を集め、今では社内インフラの入れ替えにかかわるなど、それなりに自信がある仕事でした。

会社としても、私が病気で出張できないなどちょうどよかったのかもしれません。

 

しばらくはパソコン管理が中心でしたが、リストラの影響と売り上げの回復で、もともとやっていた仕事の量が徐々に多くなり、最近は完全に2足のわらじ状態で仕事効率も非常に悪くなっていました。

それでも評価が上がればと思いながらも頑張ってやっていました。

 

自分の人生について本気に考えるように

そのうちに頑張りもきかないほど、忙しくなってきました

残業も増え、納期にずっと追われるようになると体調を崩すようになってきました。

それでも、仕事は待ってくれないのでちょっと無理をして過ごしていましたが、わたしにとっては大きな負担になってきたことは確かでした。

 

しかも、どんなに頑張っても評価も給料も上がりません。

この時本気で自分の人生を考えるようになります。

  • このまま20年近くこの会社で働いていくことができるのか
  • 今の給料では貯金もできないし退職したら生活ができるのか

 

そう考えていた時、定年退職した人がどうなっているのか改めて見てみると、正直会社に頼って生きている場合ではないという結論しかありませんでした。

 

ネットビジネスで生活すると決心すると

それからネットビジネスに出会い、コミュニティへの参加を決めるのに3か月とかかりませんでした。

自分でも驚くほどのスピードで行動していきました。

会社の仕事は一生懸命やりますが、人生の優先順位はかなり下の方になり、会社にいるとき以外はネットビジネスのことしか考えない生活が始まりました。

 

それと同時に、会社では他部署からパソコンに詳しい人がやってきました。

今まで「パソコン作業を誰かに引つぎたい」と言っても、人がいないとだけ言われていたのに、外からやってきたのです。

 

そして、ネットビジネスのコミュニティが2期目に入ったと同時に、パソコンの仕事はわたしの手を離れることになりました。

引きついでくれた人も積極的にやってくれているため、わたしはほとんどやらなくていい状態になったのです。

 

人生が大きく動いたと感じた瞬間

ここで昔の自分だったら、なんか自分の聖域がなくなったような感じがしてあまりいい気分ではなかったと思います。

しかし、わたしは仕事を引きつぐことが決まったとき

「これで、自由なタイミングで会社を辞めることができる」

と思ったのです。

 

自分の理想の人生に向かって着実に物事が進んでいるという確信を得ました。

理想の人生に向かって行動しているわたしにとっては、障壁となる事柄が自然となくなっていくような感じなのです。

わたしにとって人生が理想に向かって大きく前進した瞬間でした。

 

思い込んだ人が勝つ

これを読んでいる人の中には「そんなの偶然だ」と言う人も多いでしょう。

勝手な思い込みだと感じる人もいるかもしれません。

 

しかし今までの歴史を見れば、勝手に自分に人生にとっていいことが起こったと思い込んだ人が成功しているのです。

 

以前、メンターの一人に言われた言葉があります。

 

「人生思い込んだもん勝ち」

 

自分の人生を自分のために送るために一生懸命になって初めてこの言葉の意味が分かるようになりました。

現実に起こっていることが、理想の人生を送るために必要なことだと自分自身が確信していれば、現実はどんどん進んでいくのが実感できるのです。

 

ポジティブな人が成功するのは、現実に起こったことを自分の良いように解釈できるからです。

普通の人は未来に対してポジティブに考えるのに、現実に起こっていることに対してはネガティブに考えるからうまくいかないのです。

 

この感覚は、わたしも理想の自分を常に考えてそれに向かって行動しているからわかったことです。

何もしないのに思い込んでも、何も起こらないし気持ちが落ち込んでいくだけです。

 

自分にとって理想の自分があるのならば、とにかく行動しましょう。

そうすれば、自然と現実は変わってきて新たな道が見えてきます。

 

⇒おすすめ記事一覧

⇒ブログ記事一覧はこちらから

 

質問や意見をお待ちしています。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください